【B級偉人伝】「俺は人魚になる!!」カラフルな尾ひれで泳ぐゲイ人魚

伝説で語り継がれる人魚と言えば「ブロンドヘアー」「白い肌」「青い瞳」その美貌と美しい歌声は、船乗りを惑わして海の底に沈めてしまうほど。

先日「イギリスで人魚の死体発見!?」のニュースをお伝えしたばかりですが、今度はアトランタで人魚の生存を確認!
しかもインスタまでやっているとのこと。

「これで人魚の生態が明らかになるのか!?」と鼻息荒く人魚のアカウントにアクセスしてみると…

なんか想像してた人魚とぜんぜん違う!!!!!

「黒い肌」「ドレッド」「濃いめのメイク」!?
まあ、美しいっちゃ美しいのかもしれないけど、なんだか新宿二丁目的な匂いが凄まじ過ぎますよ!

一体全体なにを見せられているんだ!?
めまいを起こしながら調べてみると、彼女はアトランタに住むゲイのエリックさん。
そして尾ひれをつけて人魚になるときはブリックスと名乗っているのだとか。

これがゲイ人魚の生態だ!!!

私は幼い頃から人魚になりたかったの。よく足にブランケットを巻いて人魚ごっこをしたものよ。

大人になったエリックさんは足にシリコンの尾ひれをつけ、2年前からプロ人魚として活動をスタート。

しかし、人魚として生きていくのも楽ではないそうです。

周りの人たちは私のことをクレイジーだと言って、全く理解してくれなかったの。
『肌の黒い人魚なんてなに考えてんだ!?』って、多くの友達を失ったわ。でもね、この生活は私の小さい頃からの夢だったのよ。

しかし、そもそもプロの人魚ってなんなんだ?
どうやって生活費を稼ぐんだ?と思ったら、意外な需要があるのだとか。

エリックさんは派遣人魚としてパーティー会場へ行き、来場者を楽しませているのだと言う。
ちなみに、ギャラは1回350ドル(約36000円)ほどだとか。

人魚になって、私は自由の意味を理解したわ。誰にどう思われるかなんて、もう気にしないの。
もしあなたも私みたいになりたいなら、尾ひれをつけちゃえばいいのよ。

もし、人魚になろうか迷ってる人がいるなら、ぜひエリックさんに相談してみよう!イケメンなら親身になってくれること間違いなし!?

ソース