股間育成拳法「股カンフー」に生徒殺到!?苦行の目的とは

男性の急所と言えば股間だ。
ふいに強打してしまった時の、地獄のような苦しみを味わったことのある男性なら、股間に危険が迫れば、反射的に身構えてしまうはず。

しかし、その急所を、あえて激しく強打して鍛え上げようというクレイジー過ぎる集団が中国にいた。

股間育成拳法「股カンフー」!?

中国河南省にある洛陽市の路上で、激しく股間を殴打しているのは、カンフー・マスターのウェイ・ヤオビン師匠とお弟子さんたち。

YOU TUBE|Chinese Kung Fu master demonstrates

彼らは己の股間を鍛えるためだけに集まった「股カンフー」の猛者たち。

「一体何のためにこんなことを…」と言う当然の疑問にウェイ師匠はこう答えた。

私が、この股間修業を始めたのは67歳の時です。
股間を鍛えることで以前よりも病に対する抵抗力も上がり、私の健康にとって、とても良い結果をもたらしています。

てっきりカンフーバトルを想定して、金的などの弱点を克服しようとしているのだと思いきや、全ては健康のためだった。

しかもウェイ師匠は驚きの事実も伝えてくれた。

この修業は、勃起不全と早漏の治療にも効果があるんですよ。

一度、瀕死の状態から回復したサイヤ人の戦闘力が跳ね上がるように、痛みの向こう側に行けば、股間の機能もレベルアップするのだろうか?

もちろん、医学的な根拠は無いそうだが、バイアグラなどの薬に頼るよりは、もしかしたら健康的なのかもしれない。

スポンサーリンク

股カンフーの練習法

男性ならば、強い股間に憧れるのも当然だが、ウェイ師匠とお弟子さんたちが実践している修行方法は想像以上に過酷だ。

一、自らレンガで殴りつける

via GIPHY

股間を鍛えるには、恐怖に打ち勝たなければならない。
「股間を強打した時のSEKAI NO OWARIの如き絶望感」のトラウマを克服しなければ、本格的な修行を行うことは出来ない。

自分のペースで徐々に股間へ衝撃を加え、全力で振り下ろせるようになれば、もはや股間に対する恐怖は克服できたも同然だ!

二、パートナーに蹴ってもらう

via GIPHY

たとえ肉体を鍛え上げた格闘家であっても、一発でダウンしかねない金的。
他人に股間を蹴られるとなると、タイミングや強さなど、予測できない要素が恐怖心を跳ね上げる。
しかし、互いに股間を鍛え合う仲間であれば、修行の中で股間を通じて分かり合えるはずだ!

三、変な器具の衝撃に耐える

via GIPHY

より股間の高みを目指すために開発された、こちらの器具は、修行を積んでない人が食らったら致命傷確実の、とんでもないシロモノ。
この衝撃に耐え、何食わぬ顔で口笛をふけるようになれば、最強の股間を持つ男を名乗っても、差し支えないだろう。

股カンフースクールに生徒が殺到!?

ウェイ師匠によれば、この股間を鍛えるカンフー「股カンフー」は、大きな注目を集めつつあり、スクールに参加するのを希望する人たちも増えているとか。

私は、このカンフーをワン・ヨンジ師匠から学びました。
これから更に人々への理解を深め、広く受け入れてもらえる存在にしたいです。

ウェイ師匠は「股カンフー」専門のスクール、増やしていき、多くの人に学び、楽しんでもらいたいとか。

「自分磨き」を言い換えれば「股間磨き」なわけで、痛みを伴って磨き上げた股間が輝かしい未来を約束してくれるはずだ。

股カンフーの達人を目指したい人は、自暴自棄にならず自己責任で精進してくれ!!!

source

こんなビックリ人間も!?

NBA大注目!身長2.31mの高校バスケ選手が無双すぎて怖い!

2017.01.31

アメコミが現実に!?体重430kgのリアル超人ハルクは筋肉の塊

2017.01.13
スポンサーリンク