【未解決】裏庭にUFO残して失踪した男の謎…事件の背後に宇宙人が

宇宙人による地球人の誘拐、連れ去り事件、いわゆる「アブダクション」の噂は、誰もが聞いたことあるはず。

そもそも、UFOや宇宙人の存在を信じるかどうかで、アブダクションについても意見が大きく分かれる。

が、かつてカナダで発生したUFOとの関連が色濃い失踪事件は、今でも未解決のまま謎に包まれている。

裏庭にUFOを自作した男

今から30年以上前の話。

カナダ南西部のブリティッシュコロンビア州に位置するバンクーバー島にグレンジャー・テイラーという男がいた。

グレンジャーは、今で言う「コミュ障」で、周囲に馴染めず高校をドロップアウト。

しかし、メカニックの才能に長けていて、14歳で自動車を組み立ててしまうほどだった。

その才能を活かし、自宅で両親と同居しつつ、グレンジャーは自作の奇怪を製作したり、機械の修理を請け負うようになった。

しかし、両親が気がかりだったのは、グレンジャーに奇妙な発言が増えていったこと。

「僕のところに宇宙人が絶え間なくコンタクトしてくるんだ」

「彼らは僕を別の惑星に連れて行ってくれると約束してくれたよ」

さらに、グレンジャーは自宅の裏庭に、まるでUFOと見紛う離れを自作し、そこに家具やテレビを持ち込んでくつろいだ。

本当にグレンジャーは宇宙人と交信していたのか?

それとも、ただの誇大妄想か?

今となっては確かめる術もない。
グレンジャー・テイラーは32歳の時に忽然と姿を消してしまったからだ。

嵐の夜に失踪

1980年11月29日。

この日、バンクーバー島は嵐で大荒れだった。

にも関わらず、グレンジャーは両親に奇怪なメモを残し、忽然と姿を消した。

「お父さん、お母さん、僕はエイリアンの船に乗って、長年の夢だった宇宙探索に行ってきます。
宇宙には必要ないので、僕の荷物は残していきます。
説明書を読んで使ってください。
グレンジャーより愛をこめて」

両親の通報によって、カナダ全土で警察が大掛かりな捜査を行った。

病院のカルテ、パスポート、雇用関係、車両記録など、あらゆる可能性を視野に入れて捜査したが、グレンジャーの手掛かりや目撃情報は皆無だった。

息子が帰宅することを期待して、両親は毎晩自宅の裏口を開けておいたが、嵐の番から一度も姿を表していない。

数年後、父親のジムはこう振り返った。

「息子が宇宙船でどこかへ行ってしまったなんて、今でも信じられません。
しかし、もし空飛ぶ物体が浮かんでいたら、そこに息子がいるのかもしれない」

この一件は、陰謀論好きの間では「宇宙人による地球人拉致事件」として、語られることも多い。

理由の一つは、大掛かりな捜査にも関わらずグレンジャーの痕跡を全く見つけることが出来なかったからだ。

まるで、地球から消えてしまったかのように…

スポンサーリンク

ダイナマイトの爆発跡から見つかった人骨

1986年3月31日。

この日のカナダの地方新聞には「5年前に失踪したグレンジャーの可能性がある人骨の一部が発見された」との記事が掲載された。

なんと、その人骨が発見されたのは、彼が住んでいた自宅からほど近い山中。

そこにダイナマイトが使用された痕跡が残っていて、人骨が埋もれていたのだ。

もしかすると、グレンジャーは宇宙人と地球を出たと見せかけ、山中でダイナマイトを使い、この世を去ったのかもしれない。

しかし、その後、発見された人骨がグランジャー本人のものだと確認されたのか、続報は出ていないそうだ。

もし、グランジャーの人骨でなければ、彼は今でも宇宙でUFOの中にいるのかもしれない。

source

こんな信じ難い事件も!?

まるでブラックジャック!?自分の手で性転換手術した17歳が重体!!

2017.04.13

自称マーメイド!?警察が保護した謎のズブ濡れ女性は人魚なのか!?

2017.04.06