【中国】サッカー場のど真ん中に国宝!?北京で一番古い大木は今!?

こんなに近いのに、いつも日本人の想像の斜め上をいくニュースを連発し続ける中国には驚かされてばかりです。

衛生状態最悪!?中国に有名ビールの密造工場発見!!おばちゃんが手作業で…

2017.06.01

まるでブラックジャック!?自分の手で性転換手術した17歳が重体!!

2017.04.13

国土もだだっ広いし、人口もモリモリ増えてるんで、まだまだ日本人の知らないことが山盛りです。

そんな中国に「ハンパじゃなく気を使うサッカー場」があるのを皆さんはご存知でしょうか?

サッカー場のど真ん中に国宝!?

中国の首都、北京にある北京育才学校が建設された場所は、かつて清朝時代の庭園があったそうで、周囲にも歴史ある建造物が多く残っています。

そんな北京育才学校に併設されているサッカー場は、中国では知られた存在。

その理由がコチラ!!!

Photo|imaginechina.com

なんとまあ…サッカー場のど真ん中に木が生えているんですよ!!!

しかも、それは樹齢100年を超える大木で、「北京中で最も樹齢の長い木」とも言われ、国宝級の価値があるそうなんです。

「そんな歴史的な価値のある大木の周りにサッカー場を作らなくても…」と誰もが思うはず!!

Photo|photo.sina.com

そもそも北京育才学校の周囲には歴史の古い建造物が多く、学校の設備に使える土地が限られていて、サッカー場を作るスペースが、この大木の周囲しかなかったそうなんです。

で、学校側は、この大木をどこかへ移動させようと申請したんですが「国宝級の大木を移動させて万が一何かあったらどうすんだ!?」と、別の場所へ移植するプランは却下…

当然、伐採するわけにもいかず、フィールドに大木の生えたサッカー場が誕生したわけなんです。

スポンサーリンク

意外に愛されてる変なサッカー場

Photo|photo.sina.com

こうして出来上がったサッカー場ですが、肝心の試合に大きな支障が出ています。

なんせ、ロングパスを出せば生い茂る大木の枝にインターセプトされ、よそ見をしてれば選手が大木に衝突。

さすがに、学校間の公式試合などには使用されず、大木を避けるように生徒たちはサッカーの練習に励んでいるようです。

こちらのサッカー場は中国では知られた存在で、散々ネット上で笑いものにされてきたようなんですが、学校側はそれほど気にしてないんだとか。

それどころか学校のシンボルとして、このサッカー場の大木は生徒たちからも愛されてるようなので、まあ…めでたしめでたし…なんでしょうか?

source

こんな仰天ニュースも!?

美味しさの秘密はコンドーム!?珍製法のワインをキューバで発見!!

2017.04.05

「3秒ルール」は正解!?科学者が床に落とした物は食べれるか?検証

2017.03.16