イギリスNo.1タトゥー男に最悪の事態!!身体改造し過ぎた結果…

イギリスの工業都市バーミンガムに生まれたマシュー・ウェランが、初めてタトゥーをいれたのは16歳の時。

そこから彼の身体には色とりどりのタトゥーが増え続け、37歳となった現在では、全身の90%がタトゥーに覆われ「イギリスで最もタトゥーをいれた男」として君臨。

2008年には改名して「インクの国の王」を名乗っている。

国王は「36人が同時に彼の身体にタトゥーをいれる」世界記録も樹立。

これまでに総額4万ポンド、約580万円ほどの費用を身体改造につぎ込んできたそうだ。

ところが現在、国王の身体に危機的状況が迫っていた!!!

腕に埋めたメリケンサック…

全身のタトゥーだけでなく、国王は眼球を黒く染めたり、タトゥーをいれるのに邪魔だったため乳首を切り取ったり、スプリットタンにしたり、身体改造にも熱心に取り組んできた。

ところが、数年前に腕に「メリケンサック」をインプラントすると、予期せぬ自体が起きてしまった。

「オレが日々、戦っていることの象徴として、2015年にメリケンサックを腕に埋め込んだけど、今になって身体に拒否反応が出ちまったんだよ。
手術で摘出しないと、オレは腕を切断することになるかもしれないらしい…」

タトゥーやインプラントは感染症などのリスクも高く、粗悪なインクや衛生的でない器具を使うと、命に関わる危険性もある。

現在、国王は入院して腕の治療を行っている。

スポンサーリンク

身体改造マニアにも平等な雇用!?

「8年前に俺は差別主義者から刺されて入院してたんだ。
そして、今は腕の治療でまた入院してるんだよ…おかしいだろ?」

国王のように目立つ存在だと、あからさまな差別を受けることも多いそうで、過去には暴行事件に何度も巻き込まれるなど、身体改造も楽じゃないそうだ。

さらに、国王はビジュアル的な問題から職を得るのが難しいそうで、現在は無職の身。

なので、身体改造マニアも平等に雇用するよう、世間に訴えている。

一日も早い国王の回復をお祈りします…

source

こんな個性的な人々も!?

【悲報】146歳の男性死す!!!世界最高齢記録を上回る長寿の秘訣は?

2017.05.19

【未解決】裏庭にUFO残して失踪した男の謎...事件の背後に宇宙人が

2017.05.15