【お宝】ピカソが恋人の機嫌をとるため贈った自作の指輪に超高額鑑定!!

スペイン出身の巨匠パブロ・ピカソ(1881-1973)は、ギネスブックに記載されるほど多作な芸術家と知られています。

生涯で絵画1万3500点、版画10万点、彫刻や陶器300点と、膨大な作品を残し、そのどれもが超高額で取引されています。

そんなピカソの手がけた作品の中でも非常に珍しい自作の指輪が、今月に開かれるオークションに出品され、予想では50万ポンド、日本円で約7000万円以上での落札が期待されているとか。

その指輪がこちら。

指輪にはピカソお馴染みの、シュールで記号的な作風で女性が描かれ、その周りを花の細工が彩る、エレガントでロマンチックな一品。

実は、このリングは、かつてピカソが交際していた彼女ドラ・マールに贈ったもの。

しかも、ピカソがこのリングを自作したのには、ある理由があったからなんだそうです…

激おこプンプンな彼女のためピカソは…

1935年、ドラ・マールは映画の現場で写真家として働いていた時に、ピカソと出会い恋に落ちます。

ピカソは1918年にオルガ・コクローバと結婚していましたが1927年には別居。

しかし、1955年にオルガが亡くなるまで二人は法律上、婚姻関係にありました。

つまり、ピカソとドラは不倫関係。

にも関わらず、二人は長い時間を一緒に過ごし、ドラはピカソの芸術活動を大きく支えるミューズとなります。

ピカソの傑作と言われる「ゲルニカ」の製作時にも、彼をサポートし、記録用の写真を撮影したり、あの「泣く女」のモデルにもなっています。

しかし、ある日のこと、ピカソは些細な事でドラを怒らせてしまい、苛立った彼女は指にはめていたリングをセーヌ川に投げ捨ててしまいました。

最愛の人を怒らせてしまったことに罪悪感を覚えたピカソは、彼女の肖像画をあしらったリングを自作して、後日プレゼントとして贈ったそうです。

それが、今回、オークションに出品されるリングが制作された経緯。

まあ、早い話が「怒った彼女のご機嫌をとろうとプレゼントを贈った」ってことなんですよ。

しかし、さすが天才芸術家が自作したリング。

その後、二人は関係を解消して別々の人生を歩むのですが、ドラはピカソから贈られたリングを決して手放すことなく、1997年に89歳で亡くなるまで、生涯大切にしたんですって。

スポンサーリンク

指先にピカソの世界

6月21日にサザビーズでオークションにかけられるのは、まさにドラが生涯大切にした、世界にひとつだけのピカソリング。

サザビーズのキュレーター、トーマス・ボンパートは、指輪を、このように評価しています。

「時として、小さなものに思考と感情が宿ることがあります。
このリングからは、ピカソとドラの親密な関係を垣間見ることが出来ます」

ピカソは、とても精力旺盛なプレイボーイで、生涯に何人もの女性と恋愛関係にありました。

そんな天才芸術家の恋の一端を垣間見れる指輪のお話でした。

source

こんな仰天お宝ニュースも!?

「サルバドール・ダリが靴職人だったら…」世界一シュールなクツの芸術

2017.05.21

IKEAの家具がお宝に!?高額で取引されるレトロIKEAが熱い!!

2017.05.18
スポンサーリンク