【怖い雑学】入ったら最期!?ガチで最悪な世界の刑務所まとめ

海外の人が日本の刑務所の映像を見ると、その快適さに驚く言う。

1日3食しっかりとした食事が支給され、運動する時間や娯楽を楽しむ時間もある。

このような塀の中の生活が、まるで天国のように思えるほど、海外には地獄のような囚人生活が待ち受ける最悪の刑務所が存在している…

ブラックドルフィン刑務所@ロシア

シリアルキラーや幼児虐待者、カニバリストなど約700名の極悪囚人が一つ屋根の下に収監されているロシアのブラックドルフィン刑務所。

囚人たちが犯した殺人事件の件数を合わせると3500件を超え、1人平均5名の命を奪っているとも言われている。

ロシアの犯罪者なら、誰もが、この刑務所の恐ろしさを理解しているほどで、囚人は起きてる間は休憩することも座ることも許されず、ただただスープとパンで生き続ける。

この刑務所の職員によれば、唯一ここから逃げ出す方法は「死ぬこと」だけなんだとか。

バンクァン刑務所@バンコク

タイのバンコクにあるバンクァン刑務所には4000名の囚人が収監されているが、そのうちの700名は死刑囚なので、生きて塀の中から出ることは出来ない。

2003年に薬物注射になるまで、数え切れないほど多くの死刑囚が、ここで銃殺されてきたという血塗られた歴史もある。

収監されて最初の3ヶ月は、囚人の足に鉄の重りが装着され、食事は1日にボール1杯の米とスープだけ。

フローレンス刑務所@アメリカ

アメリカのコロラド州にあるロッキー山脈に囲まれたフローレンス刑務所は、全米で最も警備が厳しく「スーパーマックス」「ロッキー山脈のアルカトラズ」とも呼ばれている。

収監されているのは、元アルカイダのテロリスト、麻薬密売組織のボス、二重スパイ、など重罪を犯した犯罪者ばかり。

また、他の刑務所で問題を起こした素行の悪い囚人が、移送されてくることも多い。

これまでに脱走を成功させた囚人はゼロで、日中でもほとんど日光を見ることなく過ごしている。

耀徳強制収容所@北朝鮮

その存在は知られているが、多くの謎に包まれているのが、北朝鮮にある耀徳強制収容所(よどくきょうせいしゅうようじょ)。

ここには、推定で5万人の囚人が収監されていると言われ、国家元首を侮辱したり、国家に楯突くなどして政治犯とみなされた人物が収監されている。

以前にこの施設で働いていた人物の証言によれば、囚人はみな「痩せ細って骨が浮き出ていた」そうだ。

以前に、施設は閉鎖されたとも言われたが、衛星写真によると、現在でも建物が使用されていると見られている。

ラ・モデロ@コロンビア

2000年4月にコロンビアの刑務所「ラ・モデロ」で囚人の暴動が発生した。

牢屋を抜け出た囚人たちは、刑務所内にあった銃や手榴弾を奪い、対立していた囚人グループが争いを始め、最終的に25名の死者を出す最悪の事態となった。

さらに昨年、刑務所の排水管の中から、およそ100名の遺骨が発見された。

スポンサーリンク

ギタラマ刑務所@ルワンダ

ルワンダのギタラマ刑務所は、もともと400名の囚人を収監するために建設された。

しかし、現在ではそこに7000名が収監されている。

囚人たちは監獄の中で座ることも、横になることも出来ず、立ったまま生活。

国境なき医師団の報告によれば、囚人の8人に1人が、収監されて9ヶ月以内に死亡していると言われ、冤罪者も多いそうだ。

source

スポンサーリンク

こんな世界の怖い話も!?

【実話】宝くじで高額当選した結果…地獄に落ちた10人の怖い話

2017.06.20

【閲覧注意】全身に150本以上の針を刺した男のレントゲン画像が怖い

2017.07.09