殺害予告!?バイセクシャルスーパーマン作者とスタッフ襲撃を警察が警戒

2021年10月11日の「国際カミングアウトデー」に、衝撃的なカミングアウトをしたのは、アメリカの老舗出版社DCコミックス。

DCコミックスの看板アメコミヒーロー スーパーマンは「バイセクシャルだ」とカミングアウトして、世界中が騒然。

バイセクシャルスーパーマンの脅迫騒動

この設定を受け入れることが出来ない、保守的なファンからの反発は大きく、作者のトム・テイラーや作画スタッフに対する脅迫や殺害予告も出され、警察が身辺警護に動き出した。

スーパーマンバイセクシャル騒動で殺害予告!?

アメコミを代表するヒーロ、スーパーマンが誕生したのは、今から80年以上前の1938年。多くのアメリカ人にとって、スーパーマンは子供の頃から親しんできた普遍のヒーロー。

それだけに、DCコミックスが公表したスーパーマンと男性記者ジェイ・ナカムラとのキスシーンは、大きな波紋を呼んだ。

時代に沿った変化を歓迎する人達がいる一方…

「スーパーヒーローにセクシャリティ問題を持ち込むな!」

「読者は悪者と戦うヒーローが見たいんだよ!」

「伝統あるヒーローを破壊するな!」

「人口の0.01%を喜ばせるために作品を台無しにするのか?」

などの批判が、ソーシャルメディアを中心に殺到。作者のトム・テイラーとスタッフに対する脅迫もあり、いまだに騒動は収束していない。

バイセクシャルスーパーマンの脅迫騒動

2021年11月16日に発売される「スーパーマン:サン・オブ・カルエル」の最新エピソードで、スーパーマンのジョン・ケントと男性記者ジェイ・ナカムラとのデートシーンなどが描かれるそうで、警察は作者やスタッフへの襲撃を警戒。

ロサンゼルスの作画スタジオや、スタッフの自宅などで警察が警備体制を強化している。

11月16日前後にスーパーマンのセクシャリティが引き金となって、何か起きてしまうのか…?

こんなアメコミに関する仰天ニュースも!?

パキスタンのハルク
歩くアメコミ!パキスタンのハルク体重430kgは世界最強の男を目指す

「世界最強の男に俺はなる!」 少年マンガの主人公のような壮大なセリフを大真面目に言い放つのは、パキスタン人のアーバブ・カ ...

続きを見る

中二病暴走でスーパーヒーローになりたくて水銀を注射した少年
中二病暴走!自分に水銀を注射した少年「スーパーヒーローになりたかった」

大抵の男の子は、一度はスーパーヒーローに憧れる。でも、いつかは「所詮は作り話…自分はただの凡人…」と諦め、悪の組織と戦う ...

続きを見る

映画キャプテン・アメリカの新型コロナウイルス予言
映画「キャプテンアメリカ」の新型コロナウイルス予言に意外な真相発覚

2020年に突然、世界中に拡散して人類の脅威となった新型コロナウイルス… この凶悪なウイルスの登場を「予言していた」と噂 ...

続きを見る

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 海外B級ニュース