大量の牛の精子がドピュっと大爆発!人工授精用の貴重な精液が台無し事件

9月17日火曜日の深夜3時頃…

オーストラリアのビクトリア州ギプスランドで大規模な火災が発生しました。

現場となった施設に10名の消防隊が駆けつけ、2時間以上かけて火は消し止められたんですが、この火災で頭を抱えているのが地元の酪農家さんたち。

その悩みの原因が「牛の精子」なんです…

牛事件

 

家畜研究所で牛の精子が大爆発!!!!

午前3時に火災が発生したのは、家畜の飼育を研究している施設。

施設内には人工授精のため、品質の優れた雄牛の精液が数100本のシリンダーで低温保管されていました。

が、原因不明の火災によって研究所内の温度が急上昇した結果、低温シリンダーの中の牛の精子が急速に膨張。

次々にシリンダーの上蓋を押し上げて「ドピュっ!!!」と飛び出してしまったそうなんです!!!!

「ちょうど人工授精が盛んなシーズンだったので、地元の酪農家から大量の精液を預かっていました。火災によって低温シリンダーの中の精液が急速に膨張してしまい、外へ放出されてしまいました」

施設の副責任者アーロン・トーマス氏によれば、保管されていた雄牛の精子はシリンダー1本で1,000〜500ドル(約11万〜5万円)ほどの価値がある貴重なもので、被害はお値段以上なんだそうです。

現場では、炎の中で牛の精子入りのシリンダーがボンボン爆発して精液をぶち撒ける地獄のような状況で、消火活動は冗談抜きで過酷だったとか…

 

こんな精子に関する仰天ニュースも!?

関連記事:「精子料理のレシピ本」予想外の高評価!栄養価が高く風味はダイナミック

関連記事:不妊治療対策に金玉冷却装置「CoolMen」で精子倍増計画

Source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 2

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 4

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

-大人のニュース
-

© 2021 海外B級ニュース