最新トレンド情報

客を騙すな!クリスピークリームドーナツ5億円集団訴訟が開幕

Embed from Getty Images

2006年に日本へ上陸して、一時期は長蛇の列ができるほどの人気だったクリスピークリームドーナツ。

今年は日本上陸10周年となるアニバーサリーイヤーなんですが「店舗が大量閉店してる」なんてネガティブなニュースも...

さらに、つい先日のことですが、本拠地アメリカでクリスピークリームドーナツを相手取った集団訴訟が持ち上がってしまいました。

その訴訟額は、なんと500万ドル!!!!!

日本円でおよそ5億4000万円だから話は穏やかじゃありません。

「客を騙すんじゃねぇ!!!」アメリカ人の主張

このクリスピークリームドーナツ集団訴訟では何が問題になっているのか?

ブルーベリードーナツにブルーベリー入ってないじゃん!!!

集団訴訟の中心人物で原告のジェイソン・サイダンさんは、ブルーベリーが入っていると信じてクリスピークリームドーナツの商品を購入。

しかし、実際にはドーナツに本物のブルーベリーは使用されていなかった。

人口着色料やコーンシロップなどでブルーベリー風に仕上げていたと知ったジェイソンさんは「不当表示で客を騙してる!!!」と怒り心頭で訴訟に打って出たのです。

オレはドーナツの中にプレミアムなフルーツの成分が入っていると信じてたんだ。

でも実際には、栄養学的に品質の悪い成分しか含まれていなかったんだぜ!!!

確かに、天然のブルーベリーには特定の癌や血管疾患の発症を制限する働きなんかもあるそうですが、そこまで人工的に再現できません。

このこと知ってたらオレは買ってなかったよ!!!

って本当かよ!?

いやいや、そもそも大衆的なチェーン店のドーナツに、ヘルシーさやプレミアムを求めるのもどうかと思うのですが…

この他にも、不当表示の疑いがかけられているのは「チョコレートアイスラズベリー」「グレーズラズベリー」「メープルアイスグレーズ」「グレーズブルーベリーケーキ」などで、同様の理由でラズベリーやメープルシロップも本物が使われていないのはけしからんと、原告団は主張。

今後、この件はカリフォルニア州の裁判所で争われるようですが、いったいどうなるのでしょうか?

ちなみに現在のところ、クリスピークリームドーナツ側は、この件に関してノーコメント。

ソース

気になるニュースを検索

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

山で起きた怖い未解決事件 2

人里離れた山奥で事件や事故に巻き込まれて命を落とした人や、トラウマに残るような不可解な体験をした人も少なくない。 ここで ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

不気味な失踪事件 6

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 7

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 8

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

本当に怖い恐怖症の世界 9

たぶん… 何のためらいもなくバンジージャンプを飛べてしまう人に「高所恐怖症の恐ろしさ」を共感してもらうのは難しいんじゃな ...

動物動画ニュースまとめ 10

海外のニュースで話題になった最新の動物系動画を更新中!!! ゴージャスなジャンプ オーストラリアのメルボルンに華麗なジャ ...

-最新トレンド情報

Copyright© 海外B級ニュース , 2020 All Rights Reserved.