閲覧注意ニュース

全米No.1武器商人は日本刀からバズーカまで世界中のウエポンを販売中!

バックシートがビヨーンと伸びて、その先端の龍の頭から炎が吹き出るバイク。

全米一の武器商人

日本の暴走族を隈なく探しても、こんなにバカげたバイクに乗ってる底抜けにクレイジーな人物は、おそらくいない。

このドラゴンバイクの所有者は、アメリカのコロラド州に住むメル・バーンスタインさん。

全米一の武器商人

「ドラゴンマン」の愛称で一部から親しまれているメルさんは何者なのか?

実は、彼は広大な敷地に建てられた私設武器博物館「ドラゴンランド」の館長

メルさんが作り上げた武器博物館の中には、信じられないようなカオス空間が広がっていた!?

全米一の武器商人

全米No.1武器商人におまかせ!!

YOUTUBE|Brass and Bullets

コロラド州にあるドラゴンランドの敷地面積は260エーカー、約1000平方キロメートル。

そこには武器博物館とメルさんの自宅、さらにピストルやライフルの販売スペースも併設されている。

館内には3000以上の武器類が展示されている。ピストル、ライフル、マシンガンなどは当たり前。バズーカや日本刀、世界各国の軍服まで取り揃えられている。

YOUTUBE|Brass and Bullets

その膨大なコレクションは、全部で11億円以上の価値があるんだとか。

そんなメルさんが自慢のお宝を紹介してくれてる動画がこちら。

そもそも武器類に興味ない人にとっては、なんとも恐ろしい限りだが存在自体が都市伝説のような武器商人メルさんは、一体全体どんな人生を歩んできたのか…?

全米一の武器マニアの半生

今ではコロラド州の田舎で広大な敷地に王国を築いたメルさんだが、生まれ育ったのは都会の真中ニューヨークのブルックリン。

全米一の武器商人

しかし、高校を中退するとピストルのコレクションを始め、ギャング仲間とバイクにのめり込み始めた。

その後、60年代にはベトナム戦争にも参加。除隊すると、バイクの修理工場をスタートさせた。

1982年には妻と一緒にコロラドへ移住。

そこでピストルとライフルの販売店をオープンさせ、博物館の建設も始まった。

全米一の武器商人

経営は軌道に乗って博物館も巨大化していった。
しかし、2012年に長年連れ添った妻が不慮の事故で他界。

その後、メルさんはますます武器の世界にのめり込み、コレクションの総数は増え続けている。

気になる収益だが、なんとメルさんはこの博物館経営と武器類の販売で60万ドル、約6700万円以上の年収があるんだとか。

日本人の感覚からすると、まるで映画の中のような話だが、これが自由の国アメリカなのだ...

こんな驚きの人生を歩んできた人たちも…

ギネスが認めた世界一の身体改造男
ギネス認定「身体改造世界一」の男は全身516ヶ所のインプラント、ピアス、タトゥーで大改造

タトゥーやピアス、インプラントなど、あの手この手で人とは違ったビジュアルを目指す「身体改造」。 そんな身体改造で「世界一 ...

続きを見る

3回性転換した23歳
【LGBT実話】性同一性障害で男→女→男→女…3回性転換した人生の葛藤

性同一性障害で3回性転換 23歳のリア・クーパーさんが、最初にイギリスで大きな注目を集めたのは15歳の時。 pic.tw ...

続きを見る

拳銃の女王
拳銃撃って人生変わった「銃の女王」が語る悲しい過去と女性が銃を持つ権利

「多くの女性が拳銃を所持して、トレーニングを受けるべきだと思います。人生を豊かにするだけでなく、危険から身を守る助けにな ...

続きを見る

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-閲覧注意ニュース
-

© 2023 海外B級ニュース