2017最新夏グルメ!「アイスクリームサンドイッチ」大ブレイク!?

シェアシェアー

暑さで食欲も干からびてく「夏」が近づいてまいりました。

夏らしい食事と言えば「冷やし中華」や「ソーメン」みたいな、涼し気なメニューが定番ですが、ぶっちゃけ地味じゃないですか?

もっとポップで遊び心が無いとF1層のハート掴めなくないですか?

そんなわけで、容赦なく太陽がギラギラ照りつけるメキシコ生まれの、とびきりクールでスイートでアバンギャルドな、2017年の夏にふさわしい珍グルメをご紹介しますよ!!!

スポンサーリンク

大胆!!パンにアイスをサンド!?

ここ数年、メキシコのストリートで販売され話題になっていると言う「トルタス・デ・ニエベ」は、まさに猛暑に相応しい新感覚グルメ。

一体どんなメニューなのか?

「トルタス・デ・ニエベ」の屋台には、大量のパンとアイスクリームがスタンバイ。

暑さで食欲のない時、パンに肉や魚をはさんだって食えたもんじゃないでしょ?

なので、パンに切り込みを入れーの…お好みのアイスをはさみーの…

つまり、パンにヒンヤリ冷たいアイスクリームをサンドして食べるのが、メキシコで誕生した「トルタス・デ・ニエベ」なわけなんです!!

期待を全く裏切らない、パンにアイスをこれでもかと挟み込んだ、真っ向勝負な一品。

ランチに食べれば、体内からクールダウン出来るのと同時に、食後のスイーツを食べる手間も省けて一石二鳥ですよ!!

[ad#co-1]

実はメキシコで60年前に誕生!?

美食家に出したら「食べ物で遊ぶな!!」と起こられそうなアイスクリームサンドイッチですが、実は誕生したのは今から60年ほど前。

このメニューを考案した老舗アイスクリームショップを営むサンチェスさんによれば、当初、実験的にアイスとパンを組み合わせてみたところ、絶妙なコンビネーションが子供から大人にまで好評で、定番メニューとなったとか。

ただパンにアイスを挟むだけでなく、あえて塩をふりかけるのがポイントで、甘さとしょっぱさの絶妙なコラボレーションが、癖になる美味しさなんですって。

今では、様々な業者がメキシコのストリートで販売していて、組み合わせもバリエーション豊か。

定番はバニラやチョコレートアイスですが、中にはフルーツやバブルガム味など、若者向けを狙ったメニューもあるそうです。

日本に上陸すれば、原宿とか渋谷でそこそこ話題になりそうですが、自宅で作れないこともないと思うので、パンとスイーツに目のない人はお試しあれ!!

Source
[ad#co-1]

こんな世界のグルメニュースも!?

[kanren postid=”899″]
[kanren postid=”647″]

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー