最新都市伝説|原因不明!バミューダトライアングルに謎の島が出現

シェアシェアー

都市伝説やオカルトに少しでも興味のある人なら「バミューダトライアングル」の名前くらいは知ってるはず。

Bermuda Triangle.png
By Bermudan_kolmio.jpg: Alphaios
derivative work: -Majestic- (talk) – Bermudan_kolmio.jpg, Public Domain, Link

「バミューダトライアングル」とは、「アメリカのフロリダ半島」「プエルトリコ」「バミューダ諸島」を結んだ三角形の海域のこと。

昔から、この海域を横断する船や上空を飛ぶ飛行機が、何の前触れもなく消えてしまうといったケースが多く報告されているため、世界の不思議な出来事を紹介する日本のテレビ番組などでも、幾度となく取り上げられている。

船や飛行機が消えてしまう原因として考えられているのは

「ハリケーンなどの悪天候時の操縦ミス説」

「海底から突然発生する大量のメタンガス説」

「宇宙人による誘拐説」

「時空の狭間でタイムスリップ説」

など現実的な説から都市伝説めいた怪しい説まで様々。

この、世界的なミステリースポットで、なんとも不思議な現象が発生した。

なんと「突然、バミューダトライアングルに島が出現した」とのこと。

スポンサーリンク

ドローンで謎の島を空撮

それは、今から数ヶ月前のこと。

フロリダ半島に近いノースカロライナ州の海に、地元の人たちも見たことのない、三日月型をした砂の島が、海面へ浮き上がってきた。

ドローンによって島を上空から撮影したのがコチラ。

さん(@chadonka)がシェアした投稿

この砂の島には、多くの貝類も一緒に浮かび上がってきたので、地元の人達はシェリーアイランドと呼んでいる。

が、地元の人達には、このシェリーアイランドには近づかないようにと警告が出されている。

その理由は…

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー