意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

世界仰天ニュース

脳の手術中にギター演奏!?斬新すぎる音楽家のジストニア痙攣治療とは

更新日:

楽器の演奏に人生をかけてきた音楽家にとって、ある日を境に指の自由が効かなくなるなんて、もはや悪夢です。

インド人のプロのギタリスト、アビシェク・プラサドさんは、37歳で指が痙攣して思うように以前のような演奏が出来なくなってしまいました。

痛みをともなう指の痙攣を治すため、様々な治療法を試したけど症状は回復せず…

音楽家の仰天ジストニア手術

プラサドさんの指の痙攣は、音楽家に多い「局所性ジストニア」と呼ばれ、指を繰り返し動かして酷使することが原因だと考えられています。

この局所性ジストニアが厄介なのは、効果的な治療方法が確立されていないため、いくつも治療法を試しても完治する保証はありません。

最終的にプラサドさんは、指の神経に影響を与えている脳に、直接電気刺激を与えて治療する、外科手術を行うことになったのですが、その手術の模様がコチラ…

Photo|YouTube

なんと、プラサドさんは脳の手術を行っている間、目を覚ましたままギターを演奏し続けたんです!!!

脳の手術中にギター弾いてみた動画

手術は頭蓋骨にドリルで穴を開け、ギターを演奏しているプラサドさんの脳に電極で刺激を与えていったそうです。

手術を担当したバガン・マハベール・ジャイン病院のシャラン・スリニヴァサン医師にとっても、このようなケースは初の試み。

「手術の間、プラサドさんは目を覚ましたままギターを弾いていました。このジストニアの症状は、彼がギターを弾いているときだけにおこるからです。
プラサドさんのギター演奏の変化を観察し、脳のどの部分がジストニアに影響を与えているのか見極めて手術を行いました」

7時間にも及んだ手術でギターを弾き続けたプラサドさんの感想は…

Photo|YouTube

「手術台の上で、自分の指の症状が回復するのを実感して驚きましたよ。
術後に私の指は100%完治し、以前と同じような演奏が出来るようになりました」

すっかりジストニアの症状が回復したプラサドさんは、医師たちへの感謝の演奏を披露して、病院を退院していったそうです。

source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

本当に怖い都市伝説 2

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 3

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 6

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

本当に怖い恐怖症の世界 7

たぶん… 何のためらいもなくバンジージャンプを飛べてしまう人に「高所恐怖症の恐ろしさ」を共感してもらうのは難しいんじゃな ...

動物動画ニュースまとめ 8

海外のニュースで話題になった最新の動物系動画を更新中!!! ゴージャスなジャンプ オーストラリアのメルボルンに華麗なジャ ...

-世界仰天ニュース

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.