【新種速報】ギャグ漫画的な可愛すぎる未確認デブ生物を発見!!

シェアシェアー

monster

13smok / Pixabay

紫色でヌルヌルの肌…

真っ青な目…

長い鼻…

まるまるとした身体…

これだけの説明では、ホラーSF映画に出てくるような、とんでもない化け物を想像してしまうかもしれません。

しかし、つい最近インドで発見された謎の生物は、確かに「紫色でヌルヌルの肌」「青い目」をしているんですが、すっごくユーモラスで可愛いビジュアルに仕上がっていたのです。

スポンサーリンク

まるでギャグ漫画な未確認生物

インドの海岸沿いに位置する西ガーツ山脈。

この山脈はヒマラヤよりも誕生が古いと言われ、国立公園や自然保護区が多いため、世界的に見ても多種多様な生物が生息しているとか。

そんな生物の楽園で発見された新種の珍生物がコチラ!!

可愛すぎる新種のカエル

Photo|thesun.co.uk

ギャグ漫画で何かの生き物をデフォルメして描いたかのような、ユーモラスで愛嬌のあるフォルム。

パット見は何の種類の生物なのか判断に戸惑ってしまいますが、こちらはカエルのお仲間。

この新種のカエルは、2014年に西ガーツ山脈で亡くなった爬虫類学者スブラマニャム・ブパシー氏にちなんで「ブパシーの紫カエル」と命名されるかもしれないとのこと。

しかし、気になるのは「何で、こんな面白いビジュアルになったわけ?」ってことなんですが、そこには長い進化の歴史があったんだとか…

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー