「コレじゃない!」残念なダイアナ妃没後20年記念碑に批判と失笑の嵐

シェアシェアー

イギリス王室の元プリンセスで、1997年に交通事故でダイアナ元妃が他界されてから今年で20年。

Princess diana bristol 1987 02.jpg
By Rick – revised version of Princess Diana, Bristol 1987, CC BY 2.0, Link

イギリス国内で、今でも多くの人たちから愛されているダイアナ元妃を偲んで、没後20年のメモリアルアートがお披露目されたのですが…

スポンサーリンク

絶対コレじゃない残念なダイアナ

イングランドのダービーシャー州に位置する都市チェスターフィールドで、ダイアナ元妃没後20年のメモリアルアートがお披露目されたのですが、地元の人達をはじめ、多くの英国民の反応は散々なものでした。

なぜ、作品が非難されたのかは、実際にご覧になれば、ある程度の想像がつくのではないでしょうか…

日本人が口を挟むのもアレですが、あの美しかったダイアナ元妃が何とも残念な仕上がりとなっているのは一目瞭然。

「これを見た時は、ダイアナ元妃への侮辱だと思ったよ。まあ、彼女にはユーモアのセンスがあったから、きっと、これを見て笑っているんじゃないかな。
でも、やっぱり撤去するべきだろうね。だって出来が悪すぎるよ」

近所に住むガイラ・タックリーさんの意見はかなり辛辣…

ダイアナ元妃への思い入れが強い人には、怒りをこみ上げさせる危険な作品なのかもしれません。

「これは恐ろしすぎるわ。これから自分がチェスターフィールド出身だと言うのが恥ずかしいもの。チェスターフィールドの地元議会は恥を知るべきよ!」

同じく、地元のカレン・ベイフィートさんも残念なダイアナに批判的。

お披露目した途端に、悪い意味で注目を集めてしまった残念なダイアナ元妃はSNSでも拡散して失笑の嵐を巻き起こすことに…

ところで、この残念なダイアナ元妃のメモリアルアートは誰が作ったのかと言いますと…

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー