原因は悪霊の呪い?少女の目から小石が溢れ出し恐怖する村人たち…

シェアシェアー

これは2017年、現在進行形で起こっている話。

インドの、とある村では「少女に悪霊が取り憑いた」と噂が広まり、少女と家族が村人たちから露骨に避けられる事態となっている。

村人たちが少女を恐れる理由は「彼女の目から毎日大量の石が溢れ出てくる」からだった…

スポンサーリンク

11歳の少女は石の涙を流す

インド中央部のマディヤ・プラデーシュ州に住む11歳の少女マナシの身体に、数週間前から異変が起き始めた。

彼女の目から白い小石が出てくるようになったのだ。

まるで、綿を小さく丸めたような形状の小石は、突然、毎日のように彼女の目の中から出てくるようになったと言う。

少女は悪霊に取り憑かれたのか

Photo|naidunia.jagran.com

「娘は1日に35〜40の石の涙を流している」

マナシの父親によれば、8月25日を境に娘の目から小石が溢れ出し始め、泊まる気配もないそうだ。

一体、少女の身に何が起きているのか?

彼女の父親や近所の人達は「マナシに悪霊が取り憑いたからだ」と怯えている…

少女を避ける村人たち

少女マナシの噂は、たちまち村中に広まると、近所の村人たちは、彼女と家族を避けるようになった。

「目から小石が出てくるのは悪霊の仕業だ」

と本気で信じ込んでいる村人たちは、幽霊に取り憑かれたマナシと接触すれば、自分の身にも良からぬことが起きると、考えている。

噂は広まり、隣村の医者が、わざわざ彼女を診察に訪れた。

しかし、原因はわからず「専門の眼科医の診察を受けなさい」とアドバイスしたが、彼女の両親も霊的なことが原因だと信じて、まだ眼科医の診察を受けさせていない。

ただ、インドの地元新聞も「目から小石の涙を流す少女」の噂を聞きつけ、新聞で取り上げることに…

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー