ゲーム依存症で失明!スマホゲーム長時間プレイで中国人女性に最悪の事態

2017年10月1日…

中国広東省の中央に位置する東莞市に住む21歳の女性は、朝目を覚ますと、すぐに身体へ異変を感じた。

「右目が見えない…」

女性は両親に連れられて、すぐに病院を訪れ眼科医の診察を受けると「網膜動脈閉塞症(もうまくどうみゃくへいそくしょう)」と診断された。

スマホゲームで失明

Photo|worldofbuzz.com

これは、目の網膜を流れる動脈が詰まってしまい、血液が行き渡らなくなってしまう症状。

血液が正常に流れないと、網膜の細胞は酸素不足で死滅してしまうため、最悪の場合、視力を失ってしまうこともある。

この症状は高齢者に多く、糖尿病などと併発する人もいるが、なぜ、21歳の若い女性に網膜動脈閉塞症が起きてしまったのか?

その原因は「スマホゲーム」だった。

スマホゲーム依存症の悲劇

21歳のウーさんは、金融関係の会社に務めるOL。

そんな彼女がハマっていたのは「王者栄耀(おうしゃえいよう)」というスマホゲームで、これまでに2億ダウンロードを記録している中国で大人気のタイトル。

ウーさんは仕事が終わって帰宅すると、連日のように7〜8時間、途中で休憩もとらずに、スマホの小さな画面を見つめながらゲームの世界に没頭し、疲れ果てて眠りに落ちた。

診察した医師の見解では、小さなスマホを長時間見続けた事で、目に多大なストレスが蓄積されたことが原因だろうとのこと。

スマホゲームだけなく、金融関係で仕事をしていたウーさんは、仕事柄、一日中パソコンの画面を見続けているため、一日中、デジタル画面を見つめ続けて、眼精疲労も限界を迎えてしまったのだろう。

「休日は朝6時に起きて朝食を食べてから午後4時頃までゲームをします。そして、少し何かを食べて仮眠を取ってから、深夜2時頃まで再びゲームをします。ゲームをストップして食事することが面倒臭くなることもありました」

現在でもウーさんは入院して治療を続けているが視力回復の見込みはたっていないと言う…

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-閲覧注意の怖い話まとめ
-,

© 2020 BQ NEWS