足の自撮り画像で年収800万!インスタグラムの足フェチビジネス秘話

シェアシェアー

数10万、数100万人のフォロワーから支持されているインスタグラマーは、企業からの商品PR依頼なども次々と舞い込んでウハウハなんだそうです。

そんな憧れのインスタセレブ生活を目指して、フォロワー増加に励んでいる人もいることでしょう。

ですが、そこまで大量のフォロワーを獲得せずとも、アイデア勝負で高収入を得ている人もいます。

あるカナダ人の女性は「足の自撮り写真」だけで年収800万円をこえているとか。

果たして、気になる儲けのカラクリとは…

スポンサーリンク

インスタで足フェチ専門ビジネス

カナダに住む32歳のジェシカ・ゴールドさんは、インスタグラムに自撮り写真をアップするだけで年間55,000ポンド、約820万円を稼いでいるそうです。

ただ、彼女のフォロワー数は約10,000人と、あまり多くはない。

そんなジェシカさんがビジネスのターゲットにしているのは…

そう…「足フェチ」の男性たちなんです。

「足フェチ」とは、女性の「足のライン」や「足の裏」に興味津々な人達のこと。

「足の裏を見て何が面白いの?」

と理解できない人も多いでしょうが、足フェチの男性たちにとっては、女性の肉体のどの部分よりも、興味を掻き立てられてしまうのです。

全ての始まりは、ジェシカさんが地元の求人広告を見ていた時に「足フェチ男性向けの美脚モデル募集」の広告を発見したこと。

「私の足に誰かが興味を持つなんて考えてもいなかったわ。でも、次第に気がついたの。変わった趣味にお金を払うことを惜しまない男性達が大勢いることにね」

ジェシカさんは、自分の足の写真をインスタグラムに掲載したところ、たちまち足フェチ男性がワラワラと訪れ、彼女の美脚を賞賛。

さらに「こんな足の画像もよろしくお願いします!!」と足フェチのこだわりリクエストも続々集まったとか。

そこから、ジェシカさんは足フェチ男性たちを満足させる足自撮りを毎日インスタグラムへアップ。

彼女のフォロワーの大半は、ほとんどが足フェチ男性で、熱狂的な信者となった人も少なくないとか。

そして、ジェシカさんの収入は右肩上がりで増えていったのです…

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー