【実話】色を匂いで判別する特殊能力少女…共感覚が視覚障害者を救う

シェアシェアー

マーベル・コミックの「X-MEN」は、超人的な能力を持って生まれてきたヒーロー達が活躍する人気シリーズ。

もちろんフィクションなので、両目から破壊光線を発射するサクロップスや天候を自在に操るストームなど、その能力は非現実的。

ただ、現実の世界にも、普通では考えられない特殊な能力を持つ超人的な人物が稀に現れる。

ネパールに住む11歳の少女は「目隠しした状態でも匂いだけで色を識別し、文字を読むことが出来る」特殊な能力を持っていると言う…

スポンサーリンク

11歳の少女に特殊能力が開花

色を匂いで感じる共感覚の少女

Photo|YouTube

ネパールに住む11歳の少女デープティ・レグミちゃんに特殊な能力が開花したのは昨年のこと。

それは「色を匂いで判別」できる能力。

普通の人は、視覚から目の前の物の色を判別する。

しかしレグミちゃんの場合は、目で見なくても匂いによって色を感じ取ることが出来てしまう。

コチラの動画では、目隠しをしたレグミちゃんが、匂いによって色を判別する様子が撮影されている。

普通なら特別な匂いを感じることもないプラスティック製のオモチャでも、少女は何かを感じ取ることが出来るのだとか。

現在のところ、医療機関などで専門的な診断結果が下されているわけではないが、少女の能力は「共感覚」に関連していると見られている。

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー