閲覧注意の怖い話まとめ

怪奇「夜空に浮かぶ巨大な発光体」原因はロシアのミサイル発射実験か

ハロウィンが間近に迫ったロシア北部のシベリアで、広範囲に渡って、とんでもないものが出現し、人々を怯えさせた。

それは夜空に浮かぶ「巨大な光の球体」だった…

夜空に謎の巨大発光体

謎の発光体とロシアのミサイル発射

Photo|siberiantimes.com

ロシアの夜空に現れた巨大な発光体は月よりも大きく、円の輪郭はおぼろげ。

想像上の人魂を拡大したようなビジュアルで、画像を見ているだけでも不安を覚えてしまうような迫力が感じられる。

この巨大な発光体が出現したのは、現地時間の10月26日で、同時刻に異なる場所で複数の人達が目撃し、ソーシャルメディアにも投稿が相次いだ。

こちらは動画で撮影したもの…

目撃者のヴァシリー・ズブコフさんによれば「タバコを吸いに外に出た時に見たんだ。これは世界の終わりなんだと直感したよ」とのこと。

確かに、こんな巨大でわけの分からない発光体が空に浮かんでいたら、自分の頭がおかしくなったか、地球の終わりを連想してしまうだろう…

謎の発光体とロシアのミサイル発射

Photo|siberiantimes.com

同じく、偶然目撃した写真家のセルゲイ・アニシモフさんは「一体、何が起きているのかわからず、私は数分間、唖然としてしまいました。
光る球体は木の影から姿を表して、私のいる方角に飛んできたのです。最初は、強力なサーチライトかと考えましが…結局、何だったのかわかりません。最終的に光る球体は徐々に欠けていって、最終的に消えてしまいました」と証言。

セルゲイさんが目撃した地点から西に800kmほど離れた地点でも写真家のアレクシー・ヤコブレフさんが、同時刻に同じような光る球体を目撃。

「丸みを帯びた不思議な物体が現れたんです。それは徐々に巨大化していき、ただの発光体ではないと確信しました。そして、恐怖を覚えたんです…」

謎の発光体とロシアのミサイル発射

Photo|siberiantimes.com

一体、この巨大な光の玉は何なのか?

地元シベリアの科学者は、この光の球体がオーロラであると主張。

さらに、ちょうど同じ日にロシアがミサイル実験を行った事との関連性を指摘している。

「巨大な発光体」と「ミサイル実験」

そこに、どんな因果関係があるのか?

ミサイル発射でオーロラ発生?

謎の発光体とロシアのミサイル発射

Photo|siberiantimes.com

「巨大なUFOじゃないか?」「異世界への入り口か?」「世界滅亡の前ぶれ…」ネット上では様々な憶測が飛び交ったが、真実は同日にロシアが行ったミサイルの発射実験と関係がありそうだ。

この時、ロシアでは軍事演習が行われていたようで、モスクワのプレセツク宇宙基地から、核弾頭を搭載することも可能なミサイルが発射されたとのこと。

ミサイルの発射が行われたことはロシア国防省も認めている事実で、あるロシアのメディアは「ロケットが発射されたことによって、今回の不気味な球体が発生した」と報じている。

大気が発光するオーロラ発生のメカニズムは、まだ不明な点も多い。

しかし、気温がマイナスまで下がるシベリアの夜空をミサイルが通過したことでオーロラが発生し、それを多くの人達が目撃した可能性は高い。

だとすれば「世界滅亡の前ぶれ説」は当たらずも遠からずか…?

関連記事:プーチンの影武者3人いる説!もう本物はこの世にいない…?ウクライナ情報総局長が証言

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-閲覧注意の怖い話まとめ

© 2022 海外B級ニュース