平均年齢70歳のチアリーダー軍団がド派手な衣装でチアダンス!

シェアシェアー

チアリーダーと言えば、スポーツの試合を華やかなパフォーマンスで盛り上げ、チームの勝利に貢献する選ばれし美女集団。

アメリカの青春コメディを好んで視聴する私は「スクールカーストの頂点に君臨するイケてる女子たちが、イケてる男子たちの気を引くため、イケてない女子たちを小馬鹿にしながら嗜む放課後の暇つぶしレクレーション」だと思いこんでいたのですが、どうやら偏見だったようです。

アメリカのアリゾナ州では「平均年齢70歳オーバーのチアリーダーチーム」が、派手な衣装とパフォーマンスで若者たちの度肝を抜いているとか…

スポンサーリンク

サン・シティー・ポムス

シルバーとブルーのスパンコールがギラギラ光るミニスカ衣装に身を包んだおば様集団…

これはハロウィンパーティーの余興ではなく、アリゾナ州で活動するチアリーダー軍団「サン・シティー・ポムス」の練習風景。

所属しているメンバーは56~84歳で、平均年齢は驚きの70歳オーバー。

にも関わらず、毎週2階の練習でダンスやパフォーマンスに磨きをかけ、地元で行われるサッカーの試合の応援やパレードでの行進など、精力的に活動中なんだそうです。

「サン・シティー・ポムスの存在を初めて知ったのは10年前よ。キラキラした衣装を着てパレードで行進しているのをテレビで見たの」

最初は自分に自信がないながらも、サン・シティー・ポムスに加入。今では中心メンバーとなり、振り付けも担当するルース・ファリスさんは御年71歳。

「これまでに体重は7キロ痩せたわ。これまでの人生で、一番アクティブに過ごしているからね。体力だけでなく、メンタルも絶好調。サン・シティー・ポムスが、私に自信をくれたのよ」

年老いて、のんびり余生を過ごしていたお祖母様たちをエネルギッシュに再生してしまうサン・シティー・ポムスには、観客たちもビックリ。

「そりゃあ皆んな驚くわよ。だって、自分のお婆ちゃんと同じ世代がスパンコールの衣装を着てダンスしてるんだもの」

さらに、チアリーディングを始めてから持病が治ったなんてメンバーも…

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー