意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

本当にあった怖いニュース

黒魔術オタクの主婦が「魔女狩り」被害に!SNSのオカルト投稿に注意

更新日:

クリスマスイブを目前に控えた土曜の午後7時45分。

イングランドのスタッフォードで、警察と救急車を要請する緊急通報が寄せられた。

被害にあったのは55歳の女性スーザン・ラシュトンさん。

黒魔術オタクの主婦が魔女狩り被害に

Photo|dailyrecord.co.uk

自宅の裏庭で見知らぬ男に突然、襲われたと言う。

「裏庭に出ていた時、突然、見知らぬ男に地面へ押し倒されました。男は、倒れた私の髪を引っ張ったんです。何とか起き上がろうとした時、地面に私の髪の毛の束が落ちていました…」

自宅の庭で、突然、見知らぬ男に髪の毛を切られる恐怖は相当なものだろう。

「主人に頼んで頭を丸刈りにしてもらったわ。美容室に行くのも惨めだしね…」

黒魔術オタクの主婦が魔女狩り被害に

Photo|dailyrecord.co.uk

幸い、スーザンさんに大きな怪我はなかったが、なぜ、このような事件が起きてしまったのか?

金品を奪うわけでもなく、スーザンさんの髪の毛を切っただけで逃走した男の目的とは…

「何でこんな事になったのか理由はわからないの。
でも、考えられるのは、私が魔術に夢中になってたことかもしれないわ…」

現代の魔女狩りか…

魔女狩り

私たちの暮らしている世界に「魔術」や「呪い」は存在するのか?

全否定する人も少なくないだろうが、魔術や呪いの存在を本気で信じている人たちは大勢いるし、実際に、それらが原因となった事件や事故は、今でも世界中で発生している。

本当にあったスピリチュアルの怖い話「の呪い・占い事件」まとめ

魔術の魅力にハマっていたスーザンさんも、自身のFacebookに魔術関連のテキストや画像を多く投稿。

その中には、自分の体に入れたサタニズムや陰陽道など呪術と関係の深いペンタグラム(五芒星)のタトゥーなどもあった。

「魔術のことを罪深い行為と考えている人もいるし、処罰されるべきだと行動を起こす人もいるわ」

SNSは身元や住所を特定されやすいため、魔術や魔女の存在を快く思わない人物が、スーザンさんの自宅までやってきて、髪を切り落とす暴挙にでた可能性は高い。

事件の後遺症…

黒魔術オタクの主婦が魔女狩り被害に

Photo|dailyrecord.co.uk

髪を切られる以外に目立った外傷はなかったが、スーザンさんは心に大きな傷を負ってしまった。

「この家に住み続ける限り、私は暴行犯が再びやって来る恐怖を払拭することは出来ないでしょう。今年のクリスマスは台無しだし、ちょっとした音がするだけで寝ていても目がさめてしまいます」

スーザンさんと夫は、事件のあった自宅からの引っ越しも検討中。

こんな理不尽な事件が起こることもあるので「オカルト好き」を公言している人たちは、お気をつけて…

source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

本当に怖い都市伝説 2

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 3

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 6

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

本当に怖い恐怖症の世界 7

たぶん… 何のためらいもなくバンジージャンプを飛べてしまう人に「高所恐怖症の恐ろしさ」を共感してもらうのは難しいんじゃな ...

-本当にあった怖いニュース

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.