王様歴22年!リオのビーチに自作した砂の城で籠城生活を続ける男

ブラジルのビーチには王様がいるのを知ってますか?

beach

pauloduarte / Pixabay

この王様とは「地元の名士」とか「縄張りにしてるギャングのリーダー」なんかの比喩表現ではなく、本当に文字通り王様として生活している男がいるのです。

それがコチラのマルシオ・ミザエル・マトリアス王44歳。

ブラジルのビーチで砂の城に暮らす王様

Photo|YouTube

とは言っても、由緒正しき王族の末裔などではありません。

マルシオ王は、2016年にオリンピックが開催されたことも記憶に新しいリオ・デ・ジャネイロのビーチに自作の「砂の城」を構えて、かれこれ22年間も勝手気ままに王様ライフを楽しんでいるのです…

スポンサーリンク

地元で愛される王様

ブラジル国内でも最大の観光都市リオ・デ・ジャネイロのバラダチジュカビーチで、王様として悠々自適な生活を送るマルシオ王。

ブラジルのビーチで砂の城に暮らす王様

Photo|YouTube

拠点となる根城は、王様自らが細部にまでこだわって細工を施した敷地面積3㎡の砂の城。

「海沿いで暮らすために多くの人がバカ高い家賃を払ってるけど、俺みたいに一文無しでも楽しくやっていけるんだぜ」

ブラジルのビーチで砂の城に暮らす王様

Photo|YouTube

マルシオ王は定職に就いているわけでもなく、国民から税金を徴収しているわけでもないので、資産は持ち合わせていません。

ですが、お金の掛からない海釣り、ビーチゴルフ、読書、城の修復などの趣味を満喫しながら、王様歴は早22年。

ブラジルのビーチで砂の城に暮らす王様

Photo|YouTube

地元の人達からも「キング」と親しまれ、ビーチへ遊びに来た子供たちも砂の城に興味津々。

ほぼ不法占拠でも大きな問題となっていないのは、やはり王様の人徳なのでしょう。

「砂には熱が篭るから、暑くて中で眠れない夜も多いんだ。そんな時は近所の友達の家で過ごすか、ビーチに寝っ転がって夜を明かすこともあるけど楽しいぜ!!」

ブラジルのビーチで砂の城に暮らす王様

Photo|YouTube

そんなマルシオ王ですが、結婚歴は無く、城の跡取りもいないそうです。

プリンセス願望のある独身女性の方は、バラダチジュカビーチのマルシオ王に求婚してみるのは、どないですか?

source