世界初バーチャルスーパーモデルShuduがファッション産業を変える

世界初バーチャルスーパーモデルShuduがファッション産業を変える

つい先日、行われたミラノコレクションのドルチェ&ガッバーナのコレクションでは、ドローンがランウェイを飛行しながら新作アイテムを紹介する、前代未聞のショーが話題となりました。

もうファッションショーにモデルが登場する時代は終わるんじゃないか?

そんな考えがよぎりましたが、将来的には「モデル」の仕事が徐々に失われていくのは間違いないと断言できます。

その証拠がこちら。

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿

Instagramで3万人のフォロワーを抱えるモデルのシュウドゥさん。

褐色の美しい肌、整った顔立ちとスタイルはインスタに映えまくってます。

ですが実は、このシュウドゥさんは生身の人間ではありません。

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿

「世界初のデジタルスーパーモデル」

として話題のCGから誕生したバーチャルモデルなんです!!!

世界初バーチャルモデル誕生

「彼女はリアルじゃない。だけど、まだ信じられないほど芸術的よ」

シュウドゥさんのInstagramには、CGと思えない生々しい質感と美しさに魅了された人たちの絶賛コメントが殺到中。

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿

初見では彼女が生身の人間じゃないとは気付かず、CGだと知って唖然とする人もいるほど。

このバーチャルモデルのシュウドゥを生み出したのは、カメラマンのキャメロン-ジェームス・ウィルソンさん。

「1年前から3D制作を始め、シュウドゥは私の最初の作品です。時間をかけ、試行錯誤して誕生したシュウドゥは100%労力の結晶です」

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿

見る人によっては気味悪さを感じることもあるようで、ちょうど不気味の谷現象(芸術作品やロボットが人間に近づきすぎると、見た人が恐怖や嫌悪を感じる現象)に差し掛かっているようにも思えます。

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿

今後、シュウドゥさんのようなスーパーリアルで生身の人間と区別がつかないようなCGモデルが、ロープライスで簡単に生み出すことが可能になれば、ファッション雑誌やカタログのフォト撮影すら滅びると思いませんか?

高いギャラを払ってカメラマンやモデルやスタイリスを雇わずとも、CGデザイナー1人がPCの前でカタログを作れちゃう時代は、もう目の前。

実際に、シュウドゥに洋服やコスメを紹介して欲しいとアパレル企業からのオファーも続々と集まってるとか。

Shudu Gramさん(@shudu.gram)がシェアした投稿

「私は3Dモデルが人間のモデルの仕事を奪うとは思っていません。生身のモデルがいなければ、シュウドゥは誕生しなかったからね」

生みの親のキャメロンさんは、このような見解を述べていますが、シュウドゥをきっかけにファッション産業へ大きな変化が訪れるのは、もうすぐ?

source

Instagram人気アカウントカテゴリの最新記事