犯罪史に残るお宝発掘!ボニー&クライドの結婚指輪と保安官の奇妙な物語

犯罪史に残るお宝発掘!ボニー&クライドの結婚指輪と保安官の奇妙な物語

シェアシェアー

アメリカの犯罪史に残るお宝が発見されたのは、アメリカのテキサス州に住むデビー・デイリーさんの自宅。

ボニーとクライドの結婚指輪に高額査定

Photo|dailymail

一家が自宅を掃除していると、古い目録が発見されました。

それは、今から50年前に他界した祖父が、自宅の中に隠したコレクションの在り処を書き残したもの。

祖父のメモに従ってクローゼットの中を探すと、奇妙なシルバーの指輪を発見。

ボニーとクライドの結婚指輪に高額査定

Photo|dailymail

3匹の蛇が指に巻き付くようにデザインされていて、蛇の頭には3つの宝石が埋め込まれた、意味ありげなリング。

目録には、このように書かれていました…

「ボニー・パーカーの指輪」

Embed from Getty Images

そう、伝説のカップル犯罪者で、映画「俺たちに明日はない」のモデルにもなっているボニー&クライドのボニーの指輪なんですよ!!!

実はデビーさんの祖父リチャード・シュミットさんは元テキサス州の保安官で、ボニー&クライドが暴れまわっていた1930年代に、2人の捜査を行っていた人物だったのです。

ボニー&クライドとは?

Embed from Getty Images
ボニー・パーカーとクライド・バロウは、1930年代前半にアメリカの中西部で銀行強盗や殺人を繰り返しながら、警察との逃走劇を繰り広げた、伝説の犯罪者カップル。

1930年に20歳のクライドと19歳のボニーが恋に落ち、その後、悪行の限りを尽くした挙句、1934年に待ち伏せしていた警察隊が二人を射殺。

現在でも語り継がれている、アメリカの犯罪史上最も有名なカップルとなったわけです。

二人の波乱に飛んだエピソードを詳しく知りたい方は、名作映画「俺たちに明日はない」をご覧ください。

このボニーとクライドの捜査に当たっていたシュミット保安官は、1933年に逃避行を続ける犯罪者カップルを逮捕寸前まで追い詰めたのです…

いいね
ただ面白いだけの情報サイト「海外B級ニュース」をいいねして最新のB級ニュースをチェックチェック!