黒幕は若い魔女「黒魔術ゾンビ連続殺人事件」犯人の元警官は悪魔崇拝者

黒幕は若い魔女「黒魔術ゾンビ連続殺人事件」犯人の元警官は悪魔崇拝者

ロシアの元警察官アルセン・バイラムベコフ39歳は、6件の殺人容疑で起訴され、裁判で懲役13年が言い渡された。

黒魔術ゾンビ連続殺人事件
Photo|dailymail

警察官がシリアルキラーという事実だけでも驚きだが、この事件には黒幕がいた。

その人物の名前はタティアナ・ソロヴィエヴァ。

名前以外の個人情報は全く明らかにされていないため、実年齢すら定かではないが、ロシアのメディアによれば「非常に若い女性」とのこと。

警察の取り調べで、アルセンは次のように供述している。

devil
Waldkunst / Pixabay

「暗闇の神は生贄の血、生肉、酒を欲している。これまでにニワトリ、ヤギ、ヒツジ、そして人間を生贄に捧げた」

なんと、タティアナは魔女のように黒魔術で死者を蘇らせ「ゾンビの軍隊」を量産しようと試みていたとか…

ロシアの魔女と元警察官

ロシア連邦の中央に位置する都市エカテリンブルグ周辺で、次々とホームレスが姿を消した。

犯人は謎の魔女タティアナと元警察官で悪魔崇拝者のアルセン。

最初の犠牲者は、アルセンが運転する熊が交差点で停車した時に窓を拭きに来た20歳の若者だった。

アルセンはその若者をお酒で誘い出し、森の中へ連れ込むと粘着テープで簀巻にした。

黒魔術ゾンビ連続殺人事件
Photo|dailymail

タティアナは石で魔法陣を作り祭壇に火を灯すと、呪文を唱え悪魔に祈りを捧げる。

そして、最後にアルセンが生贄の喉をナイフで切り裂き、悪魔に血の生贄を差し出したと言う…

二人は、やがてゾンビとなり蘇るのを期待して、生贄を土の中に埋め十字架を立てた。

黒魔術ゾンビ連続殺人事件
Photo|dailymail

二人は夜な夜な街へ生贄を物色しに出かけ、タティアナが気に入った人物をアルセンが誘い出し、同様の常軌を逸した手口で犯行を重ね、犠牲者はホームレスばかり6名。

もちろん、黒魔術が成功して死者が生き返るはずもなく、後に警察の捜査で犯行現場の森が掘り返されると、土の中から粘着テープが巻きつけられた遺体が次々に発見された。

警察の捜査が近付いていることを悟ったタティアナは、半年間もの間、逃走していたが遂に逮捕。

ロシアの司法当局が全く個人情報を開示しないまま、謎の魔女タティアナ・ソロヴィエヴァは複数の殺人事件に関与した罪で懲役12年が言い渡され、刑務所へ収監されることになった。

source

本当にあった呪いに関する事件は…

【実話】スピリチュアルの怖い話「海外の呪い占い事件」まとめ

怖い海外ニュース速報カテゴリの最新記事