「パワー溢れ出す!」働く男はハイヒールで業績&顧客満足度アップ!

11CMヒール レディース エナメル 美脚 パーティー クラブ 変装 おおきいサイズ ポインテッドトゥ パンプス ハイヒール ピンヒール 靴 high heels ブラック 41

「これからハイヒールを履いて仕事しようと考えています。宜しいでしょうか?」

部下の男性社員から、突然ハイヒール勤務の許可を求められたら、あなたはどうしますか?

「バカ者!!!」と怒鳴りつけるか?「それはやめておいた方が…」と優しく諭すか?無視するか?

本当に、こんな質問を上司にぶつけたのは、オーストラリアのシドニーで大手銀行に務めるアシュリー・マクスウェル-ラムさん30歳。

働く男のハイヒール

Photo|dailymail

この提案に、女性の上司は快くOKを出し、1年ほど前からアシュリーさんはスーツにネクタイ、ハイヒールでコツコツ出勤し、通常業務から顧客のミーティングまでコツコツこなしているんです。

ハイヒールでみなぎるパワー

「ハイヒールを履くと力がみなぎるんですよ!!!」

別に「男がハイヒールを履いちゃいけない」決まりなんて無いけど、大半の男性はハイヒールを履いた経験がない。

もしかすると、アシュリーさんが主張するようにハイヒールを履いてみたら、エナジードリンクを飲むより力が漲ってくるのかもしれません。

働く男のハイヒール

Photo|dailymail

現在、アシュリーさんは9足のハイヒールをローテーションで履きながら通勤し、ハイエナジーで業務をこなしています。

特に、新しい顧客と会う際には、必ずヒールを履くと決めているそうです。

なぜなら、スーツにネクタイ、ハイヒール姿だと、初対面の相手とも瞬く間に打ち解けることが出来るそうなんです。

そもそも、最初にアシュリーさんがハイヒールを履こうと考えたのは今から1年前のこと。

きっかけは、3人組のフランス人男性がハイヒールを履きながらダンスをする映像をテレビで見たこと。

働く男のハイヒール

Photo|dailymail

「実際にハイヒールを履いて大理石のロビーを歩いたら、今まで感じたことないパワーが漲ってきたんです」

ゲイ・コミュニティからの批判

元々、アシュリーさんは、同性愛者であることをカミングアウトしていたが、現在では職場でも気兼ねなくハイヒールを履いて「男性」と「女性」の中間にいる自分を楽しんでいるとか。

ただ、周りからの評判は上々なんですが、同じゲイ・コミュニティの人からは「職場でヒールなんて履いて、ゲイ全体がバッシングされたらどうすんの?」と、嫌な顔をされることもあるとか。

同じ虹のシンボルの下に集った人たちでも、考え方の違いで非難されることもあるようです。

そんなイヤミを言われてもアシュリーさんは特に気にせず、スーツにヒール姿の自分を見て戸惑う人たちのリアクションを楽しんでるそうです。

source

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-笑える面白ニュース

© 2020 海外B級ニュース