「乱闘はスポーツ!」ロシアンフーリガンはW杯に向け暴動スキルを磨く

2018年6月よりロシアで開催されるサッカーの「FIFAワールドカップ」まで、あと少し。

2018ロシアワールドカップ展望&ガイド ハンディ版 2018年 1/19 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊

現地ロシアまで観戦に行く予定のサッカーファンも少なくないでしょうが、「海外B級ニュース」から一言忠告させてください。

「体鍛えとけ!!!!!」

これは冗談ではありません。

観光気分でワールドカップ開催期間中のロシアに降り立ち、スタジアム周辺をプラプラしてたら、最悪の場合、ウオツカとピロシキで暴徒化したロシアンフーリガンの暴動に巻き込まれてしまうかもしれません!!!

ロシアンフーリガンの世界

Photo|YouTube

だって来るべき時に向けて、ロシアの凶暴なサッカーファンは殴り合いで乱闘スキルを磨いて切磋琢磨しているのです!!!!

乱闘はスポーツ

ロシアの雪原に集合した男たち。

ロシアンフーリガンの世界

Photo|YouTube

彼らは子供のように雪遊びをするわけではありません。

ただただ殴り合うのです。

ロシアンフーリガンの世界

Photo|YouTube

これは、ロシアのフーリガンチーム同士の乱闘戦。

現場を監督する審判が「終了の号令」を出すまで、男たちは痛みに耐えて戦い続けます。

まさに、サッカー選手たちがゴールを目指すのと同じスポーツ感覚で、ロシアのフーリガン達は意地とプライドをかけて拳を交えるのです。

ロシアンフーリガンの世界

Photo|YouTube

団体の中には「戦闘力」によって序列があり、戦いの中で認められれば、重要な乱闘に参加できるので、フーリガンの卵は爪痕を残そうと必死。

実戦を通して「どのように乱闘を有利に進めるか?」を学び、やがて一人前に成長していくそうで、中には、乱闘のためにボクシングや格闘技を習う、生真面目なフーリガンも少なくないそうです。

ロシアでは、このようなフーリガン団体がいくつもあり、間近に迫った自国でのワールドカップに向けて、警察や監視カメラの目が届かない森の中などで、このような乱闘が繰り広げられているとか…

そんなロシアのフーリガンによって「ワールドカップでは殺人事件が発生する可能性もある」と警告する専門家も…

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-世界の仰天ニュース

© 2020 海外B級ニュース