南米のレクター博士逮捕…狂気の芸術家は被害者の血液で絵を描き遺体を食す

南米のレクター博士逮捕…狂気の芸術家は被害者の血液で絵を描き遺体を食す

南米ベネズエラでルイス・アルフレッド・ゴンザレス・ヘルナンデスが逮捕された。

地元メディアはルイス容疑者を、このように呼んだ。

「食人芸術家」

なんと彼は、被害者を殺害した後に遺体を食べ、血液や骨で絵画を描いていたと言う…

南米のレクター博士

南米のレクター博士は被害者の血液で絵を描く
Photo|dailymail

逮捕後に撮影された、鋭い眼光でカメラを睨みつけるルイス容疑者の猟奇的な顔写真は、残酷な事件の概要と共にネット上に拡散した。

事件の捜査を行っていたダグラス・リコ氏によれば「逮捕後に行った取り調べの中で、ルイス容疑者は被害者の4分の1を食べてしまったと認めた」とのこと。

被害者と見られているのは農場を経営していた男性。

ルイス容疑者は、被害者男性を殺害後、その遺体を食べてしまったのだ。

さらに、メディアが「食人芸術家」と呼ぶ理由は、ルイス容疑者の自宅から押収された絵画。

南米のレクター博士は被害者の血液で絵を描く
Photo|dailymail

なんと、この押収された絵画には被害者の血液や、遺体を燃やした際の灰などが絵の具として使われていると言う…

被害者を食べて絵を描く…まるで映画「羊たちの沈黙」のレクター博士。

押収された絵画は、法医学の専門家によって解析が進められている。

自分は被害者に雇われた…

南米のレクター博士は被害者の血液で絵を描く
Photo|dailymail

ただ、ルイス容疑者は取り調べの中で奇妙なことも供述している。

「名前も知らない農場の所有者(被害者)から殺してくれって雇われたんだ。被害者は遺体の一部を食べ、血と灰で絵を描くことを望んでいた」

この供述が本当なのか、作り話なのか、現時点では明らかになっていない。

しかし、ルイス容疑者の自宅からは、他にも数名の名前が書かれたメモも発見されているため、被害者の数は今後、更に増える可能性も…

ベネズエラでは、過去にも食人事件が度々発生している。

1999年に逮捕されたドランセル・ヴァルガス・ゴメスは少なくとも10人を殺害し遺体を食べた罪で有罪判決を受けている。

Source

怖い話が好きなら…

【閲覧注意】海外の怖い話は結末が最悪…ゾッとする短編怪談まとめ

https://bq-news.com/unsolved_murder

大人の事情速報カテゴリの最新記事