笑える面白ニュース

警察署で証拠品の大麻540kg紛失!犯人はマリファナ中毒のネズミ先輩?

マリファナ紛失の犯人は鼠先輩

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで大麻をめぐって一悶着おきています。

事の始まりは、2017年4月にブエノスアイレスの都市ピラールの警察署で署長をしていたハビエル・スペシアの解任から。

この時、ブエノスアイレス警察のトップに立つエミリオ・ポルテロ総監は、ピラール署で行われていた証拠品の管理や手続きに不信感を抱きます。

本来ならばスペシア署長のサインがあるはずの書類に別の人物が署名するなど、多数の不備が発覚。

そこでポルテロ総監は、スペシア署長時代の証拠品に不審な点がないか徹底的に調査するよう命令。

すると…

書類上はピラール署から6000kgの大麻が移送されたことになっていたが、実際には540kg不足していたことが明らかになったんです。

つまり540kgの大麻が、どこかへ消えていた事が明らかになったのです。

大麻大量紛失の犯人はネズミ先輩!?

これは大麻を盗み出し裏社会に流し小遣いを稼ぐ汚職警官の内部犯行か…?

ここで疑いをかけられたのが、スペシア元警察署長と3人の部下。

4名は行方のわからない540kgの大麻に関して取り調べを受けると、全員が全く同じ供述をしたんです。

「大麻中毒のネズミが食べちゃった」

rat

ネズミが!?

540kgの大麻を!?

食べちゃった!?

警察署内の証拠品管理室に、ネズミが侵入する可能性は無きにしもあらず。

しかし、540kgもの大麻をげっ歯類が貪り食べるなんなてことが現実的なんでしょうか?

仮にも元警察署長の証言なので、彼らの主張に正当性があるのか裏取り調査が行われたんですが…

さらば汚職署長!!!

Detective

調査を担当した人によれば…

「大麻は2年ほど警察署内で保管されていました。その間に、どれほどのネズミが保管室に侵入し、大麻を食べたのか調査する必要がありました」

そんでそんで?大麻好きなネズミ小僧は見つかったわけ!?

「専門家によれば、万が一ネズミが大麻を食べてしまうことがあってもネズミはすぐに死んでしまうそうです。保管庫を調査しましたが、ネズミの死骸は発見されませんでした」

皆さんも薄々感づいていたと思いますが、ネズミと大麻消失を結びつけるような証拠は見つからず…

こうして、元署長と部下が口裏合わせでネズミに責任を押し付けようとした可能性は極めて高く、来月からは裁判によって、さらに追求されることが決定しました。

にしても、他に気の利いた嘘は思いつかなかったんでしょうか?

こんな大麻に関連した仰天ニュースも!?

大麻成分を含む緑ワイン
大麻成分入り緑ワイン「ワイナビス」が解禁!口いっぱいにマリファナの香り

大麻成分入り緑ワイン「ワイナビス」 ワインを飲むなら何色を選びますか?赤ワイン?白ワイン? 変わったところでは、緑色のワ ...

続きを見る

麻薬密造中の爆発でラッパーは頭を半分失った
麻薬密造中の爆発でラッパーは頭を半分失った…半身麻痺でも新曲リリース

ドイツ人のニコ・ブレナーは、Dr.Knarfのアーティスト名でラッパーとして活動していた。 しかし、今から2年前にニコは ...

続きを見る

エクスタシー香水で麻薬撲滅
MDMAの香水を警察が市民に配布!?エクスタシー香水配って麻薬密売組織を撲滅作戦!

オランダの警察が、街行く市民に香水のサンプルを配り始めました。 これは、警察が市民のご機嫌取りをしているわけではなく犯罪 ...

続きを見る

Source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-笑える面白ニュース
-

© 2022 海外B級ニュース