警察署で証拠品のマリファナ540kg紛失!犯人は大麻中毒のネズミ先輩!?

警察署で証拠品のマリファナ540kg紛失!犯人は大麻中毒のネズミ先輩!?

マリファナ・X―意識を変える草(ハーブ)が世界を変える

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでマリファナをめぐって一悶着おきています。

事の始まりは、2017年4月にブエノスアイレスの都市ピラールの警察署で署長をしていたハビエル・スペシアの解任から。

この時、ブエノスアイレス警察のトップに立つエミリオ・ポルテロ総監は、ピラール署で行われていた証拠品の管理や手続きに不信感を抱きます。

本来ならばスペシア署長のサインがあるはずの書類に、別の人物が署名するなど、多数の不備が発覚。

そこでポルテロ総監は、スペシア署長時代の証拠品に不審な点がないか徹底的に調査するよう命令。

すると…

書類上はピラール署から6000kgのマリファナが移送されたことになっていたが、実際には540kg不足していたことが明らかになったんです。

つまり540kgのマリファナが、どこかえ消えていた事が明らかになったのです。

マリファナ大量紛失の犯人はネズミ先輩!?

日本でも、2017年に広島の警察署で金庫に保管していた8572万円が紛失…

広島県警察署内で8500万円紛失「99%内部犯行」の指摘

これはマリファナを盗み出し裏社会に流し小遣いを稼ぐ汚職警官の内部犯行か…?

ここで疑いをかけられたのが、スペシア元警察署長と3人の部下。

4名は行方のわからない540kgのマリファナに関して取り調べを受けると、全員が全く同じ供述をしたんです。

「マリファナ中毒のネズミが食べちゃった」

rat
sipa / Pixabay

ネズミが!?

540kgのマリファナを!?

食べちゃった!?

警察署内の証拠品管理室に、ネズミが侵入する可能性は無きにしもあらず。

しかし、540kgものマリファナをげっ歯類が貪り食べるなんなてことが現実的なんでしょうか?

仮にも元警察署長の証言なので、彼らの主張に正当性があるのか、裏取り調査が行われたんですが…

爆笑!おもしろ珍事件速報カテゴリの最新記事