警察署で証拠品の大麻540kg紛失!犯人はマリファナ中毒のネズミ先輩?

マリファナ紛失の犯人は鼠先輩

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで大麻をめぐって一悶着おきています。

事の始まりは、2017年4月にブエノスアイレスの都市ピラールの警察署で署長をしていたハビエル・スペシアの解任から。

この時、ブエノスアイレス警察のトップに立つエミリオ・ポルテロ総監は、ピラール署で行われていた証拠品の管理や手続きに不信感を抱きます。

本来ならばスペシア署長のサインがあるはずの書類に別の人物が署名するなど、多数の不備が発覚。

そこでポルテロ総監は、スペシア署長時代の証拠品に不審な点がないか徹底的に調査するよう命令。

すると…

書類上はピラール署から6000kgの大麻が移送されたことになっていたが、実際には540kg不足していたことが明らかになったんです。

つまり540kgの大麻が、どこかへ消えていた事が明らかになったのです。

大麻大量紛失の犯人はネズミ先輩!?

これは大麻を盗み出し裏社会に流し小遣いを稼ぐ汚職警官の内部犯行か…?

ここで疑いをかけられたのが、スペシア元警察署長と3人の部下。

4名は行方のわからない540kgの大麻に関して取り調べを受けると、全員が全く同じ供述をしたんです。

「大麻中毒のネズミが食べちゃった」

rat

ネズミが!?

540kgの大麻を!?

食べちゃった!?

警察署内の証拠品管理室に、ネズミが侵入する可能性は無きにしもあらず。

しかし、540kgもの大麻をげっ歯類が貪り食べるなんなてことが現実的なんでしょうか?

仮にも元警察署長の証言なので、彼らの主張に正当性があるのか裏取り調査が行われたんですが…

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-海外ノンフィクション
-

© 2020 海外B級ニュース