【仰天実話】両親の死から4年後に赤ちゃん誕生!冷凍受精卵と祖父母の法廷闘争

【仰天実話】両親の死から4年後に赤ちゃん誕生!冷凍受精卵と祖父母の法廷闘争

シェアシェアー

ママになりたい しっかり教えて!人工授精―iーwish…

中国の江蘇省に暮らすシェン・ジーとリュー・シー夫妻は、結婚してから数年間、子供を作ろうと努力したが、思うようには事は運ばなかった。

2013年、夫婦は人工授精を選択して手続きを進めた。

しかし、受精卵をリューの母体に移植する5日前のことだった。

夫婦は交通事故で他界してしまった…

亡くなったシェン・ジーとリュー・シーの両親4人は、2人が抱き上げることの出来なかった子供を誕生させようと決意し、長い戦いが始まった。

スポンサーリンク

残された冷凍受精卵

シェン・ジーとリュー・シー夫婦は交通事故で他界したが、人工授精させた受精卵は、南京の病院で冷凍保存されていた

夫婦の両親4人は、残された冷凍受精卵で子供を誕生させようと、受精卵の権利を得るため裁判を起こした。

ただ、亡くなった夫婦の受精卵を両親達が引き継ぐなど、広い中国にも前例がなく、法的手続きは思うように進まず…

結局、4人の両親は3年かけて裁判を争い、冷凍受精卵の権利を手にした。

しかし、受精卵を手にしたのは、まだスタートラインに立っただけで、解決しなければならない問題は山積みだった…

スポンサーリンク

いいね
ただ面白いだけの情報サイト「海外B級ニュース」をいいねして最新のB級ニュースをチェックチェック!