【実話】76歳の婆ちゃんがシベリアの湖で毎日スケートする優しい理由とは?

ロシアのシベリアに広がる三日月形をしたバイカル湖は、面積が琵琶湖の46倍。

冬場は寒さ厳しく、水面が厚さ1mほどもある氷に覆われ、車で走行することも出来る。

このバイカル湖の湖畔で76歳のリュボフ・モレコドバさんは、一人暮らしをしています。

シベリアのスケート婆ちゃん

Photo|siberiantimes.com

2011年に旦那さんを亡くし、寂しい老後を送っているのかと思われるでしょうが、リュボフさんはとってもアクティブ。

なんせ76歳だけど毎日、凍った湖の上をスケートで滑りまくってるんです。

牛のために毎日スケート

かつてはエンジニアとして働いていたリュボフさんは、現在、バイカル湖の畔で犬、猫と一緒にニワトリや牛の飼育をしながら、のんびり暮らしています。

毎朝5:30に目を覚ますと、牛に餌をやってから放牧。

しばらくすると、リュボフさんは1943年に作ってもらったスケート靴を履き、水面の凍ったバイカル湖をスイスイと滑り始めるのです。

シベリアのスケート婆ちゃん

Photo|siberiantimes.com

76歳とは思えない華麗なスケーティングは実に見事。

そしてリュボフさんが毎日スケートを滑るのには、ある優しい理由があったんです。

リュボフさんが毎日スケートをするのは、放牧した牛が迷子になって遠くへ行っていないかチェックするため。

普通に歩くよりも湖をスケートで横切ったほうが時間と距離をショートカット出来て、牛たちに追いつくことが出来るそうです。

つい最近、知人が撮影したバイカル湖をスケートするリュボフさんの動画がロシア国内で話題となり、メディアの取材が殺到。

7歳から習っていたと言う見事なスケーティングを各所で披露しています。

70歳を過ぎて急に世間の注目を浴びることになったリュボフさんは、親族から生活しやすい都会へ移り住むことを勧められたそうですが毎日充実してるから」と断ったそうです。

Source

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-世界の仰天ニュース

© 2020 海外B級ニュース