「残酷すぎる!」電気椅子でゴキブリの死刑執行した芸術家に批判殺到で炎上

「残酷すぎる!」電気椅子でゴキブリの死刑執行した芸術家に批判殺到で炎上

フィリピンの都市パシッグに住む芸術家ガブリエル・トゥアソン氏が投稿した動画に、多くの批判が集まっている。

それは「家の中に飛び込んできたゴキブリを電気椅子で処刑」する様子を撮影した動画。

ガブリエル氏はハンドメイドの小さな椅子にゴキブリを縛り付け、ワイヤーでバッテリーと接続。

スポンサーリンク

器用にミニ電気椅子を作り、電流を流してゴキブリを処刑したのだった。

害虫のゴキブリを退治するのは、世界中どこでも当たり前の行為だが、ガブリエル氏の手の混んだ方法は「いくらゴキブリとはいえ残酷だ!!」と非難が殺到した。

「全ての生き物は感情を持っている。このような残虐行為は決して許されない」

「他の生物にとって人類はとても残酷だ。ゴキブリの立場になって考えてみなさい?」

「心の貧しいクソ野郎だ!!!」

このような批判コメントが寄せられても、ガブリエル氏は謝罪もしなければ反省もしていない。

「暑いから窓を開けたらゴキブリが入ってきたんだ。でも、叩き潰すと仕事机が汚れちゃうから、このアイデアを考えたんだよ」

皆さんは、ゴキブリの権利についてどう思います?

Source

こんなニュース動画も!?

世界仰天ニュースカテゴリの最新記事