【実話】ED旦那「嫁がチンコに呪いをかけた!」魔女疑惑の妻に懲役13ヶ月

【実話】ED旦那「嫁がチンコに呪いをかけた!」魔女疑惑の妻に懲役13ヶ月

ハンパないインフレで、通貨がとんでもないことになったことでお馴染みのジンバブエで、ある男性が自分の妻を裁判で訴えました。

「妻が私のチンコに呪いをかけたんです!!!」

40歳のゴドウィシュ・マガリラは、裁判所の法廷で「二番目の妻メモリ・シリが自分のペニスに呪いをかけた」と主張したのです。

旦那のチンコに呪いをかけた疑いで妻に懲役
Photo|TheSun

すごくバカバカしく聞こえますが、まだ呪術の存在を信じている人が多いジンバブエでは、誰かに「魔術」や「呪い」をかけることは犯罪行為として固く禁じられています。

しかも、呪いをかけられたのが自分の大切な息子とあっては、怒るのも無理はありません。

しかし…

なぜ、マガリラはチンコに呪いがかけられていると気付いたのでしょうか?

 

呪いでED男

ED

ジンバブエの首都ハラレから200キロ離れたマカンダ村で、ゴドウィシュ・マガリラは一番目の妻チャンゴダと、二番目の妻シリと3人で、一つ屋根の下に暮らしていました。

ある日、マガリラが一番目の妻チャンゴダとセックスしようとした時のことです…

「おかしい…全く勃起しない…」

なんと、マガリラの自慢の息子が勃たなかったのです!!!!!!!

40歳でED(勃起不全)となる人が、いないわけでもないんですが、自分の性欲と勃起力に自信のあるマガリラは納得いきません。

なにより、二番目の妻シリとセックスしようとする時は、問題なくチンコはギンギンに勃起するのです。

今までに経験のない下半身の不協和音にマガリラは悩み、ある結論を導き出しました。

「他の女で勃起しないよう、シリが私のチンコに呪いをかけたに違いない!!!」

 

シャーロック・ホームズもビックリの珍推理で、勃起不全の謎を解き明かしたマガリラは、シリを裁判で訴えたのです。

法廷で、マガリラは医師による「勃起に難あり」の診断書を提出。

裁判官に自分の妻を罰するよう懇願したのでした。

裁判の結果、妻シリは13ヶ月も刑務所にブチ込まれ、455時間の社会奉仕作業まで命じられる始末…

なんとも酷い話ですが、ジンバブエで起きた本当のお話。

Source

本当にあった呪いの話も…

アダルトニュースカテゴリの最新記事