カラス6羽がテーマパーク清掃職員に内定!知能を活かしポイ捨てされたゴミ拾い

全身真っ黒の不吉な姿で生ゴミを漁るカラスは、鳥類の中でもトップクラスの嫌われ者…

いくら動物愛護に熱心な人でも、カラスへ無常の愛を注ぐのはハードルが高いんじゃないでしょうか?

CROWS

黒いし…ゴミ漁るし…鳴き声可愛くないし…

しかし、そんな嫌われ者のカラスの鳥類ヒエラルキーがガラッと変わるかもしれない、予想外のニュースが報じられました。

なんと、6羽のカラスがフランスのテーマパークから職員として内定をもらったそうなんです。

カラスがゴミ清掃

カラスがテーマパークの清掃職員内定

Photo|mirror.co.uk

家族連れで賑わうテーマパークが、なぜカラスを雇うことにしたのか?

実は、雇われたカラスの仕事は「清掃員」なんです。

賢いことで知られるカラスを訓練して、テーマパーク内にポイ捨てされたゴミを識別して清掃させることが目的なんだとか。

この画期的なカラスによるゴミ清掃をスタートさせるのは、フランスのヴァンデ県にある歴史がコンセプトのテーマパーク「ピュイ・デュ・フォウ」。

訓練されたカラスは、テーマパーク内でゴミを拾い、所定の場所へ運ぶとエサがもらえる仕組み。

カラスがテーマパークの清掃職員内定

Photo|mentalfloss

もし、この試みが成功すれば、園内清掃に関するコストを大幅にカットできそうですが、ピュイ・デュ・フォウの責任者ニコラス・デ・ヴィリアーズ氏によれば、別の目論見もあるそうで…

「パーク内を綺麗にするだけでなく、来場者がポイ捨てしないよう意識を高めるのが目的です。環境への配慮をカラスが教えてくれるでしょう」

研究者によれば、カラス人間の識別や道具の使用、グループ内でのコミュニケーションが可能だとか。

日本でもカラスが街のゴミ清掃に一役買うようになれば、人間の見る目も変わるかもね?

Source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 2

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 4

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

-世界の仰天ニュース
-

© 2020 海外B級ニュース