ロシアの兵器会社が本気でロボット戦士を開発!二足歩行で武器装備可能

ロシアの軍人ミハイル・カラシニコフ設計した自動小銃AK-47は、性能と耐久性が高い上に、単純な構造で生産が簡単だったため、世界中の戦場に出回った。

これまでに1億丁が生産されたと言われ、紛争やテロ事件にも使われ「史上最悪の大量殺戮兵器」とまで言われている。

そんなAK-47の生産をルーツに持つロシアの兵器会社カラシニコフ社が、モスクワで開催されたアーミーフェアで、驚愕の新製品をお披露目した。

それがコチラ…

ロシアの兵器会社が二足歩行ロボット戦士を開発

Photo|dailymail

パイロットが操縦する二足歩行型のロボット兵士「イゴレク」だ!!!

ロシアのロボット戦士!!!

高さ約4m、重さ4.5トン、左右のアームに武器を持って使用できる、まさに戦場仕様の機動戦士!!

ロシアの兵器会社が二足歩行ロボット戦士を開発

Photo|dailymail

防弾ガラスと分厚い装甲は、飛んでくる銃弾や破片などの危険からパイロットを守り、戦場を突き進むことが出来るとか。

コチラが展示されているイゴレクの動画…

カラシニコフ社の担当者も、2足歩行ロボットのイゴレクに自信をのぞかせている。

「このロボットは、2018年に最もホットな兵器です。キャタピラや車輪で走行するロボットもありますが、擬人化された歩行型ロボットの需要も増えてくるでしょう」

現時点では、イゴレクが実際に動く場面や、操縦している様子を窺い知ることは出来ない。

しかし、このロボット兵器が本格的に戦場へ投入され暴れまわったらと考えると…

こんなロシアの仰天ニュースも!?

関連記事:おそロシア!!野生の熊に保存食にされた男をミイラ状態で救出!!

関連記事:【ロシア都市伝説】40年以上も意味不明な放送を続ける幽霊ラジオ局の噂

Source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 2

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 4

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

-世界の仰天ニュース
-

© 2020 海外B級ニュース