歩く都市伝説!イケメンすぎるリアル吸血鬼に生き血を貢ぐ女性が殺到

歩く都市伝説!イケメンすぎるリアル吸血鬼に生き血を貢ぐ女性が殺到

「もしも自分が吸血鬼だったら」とイマジンしてみると、何かと不便なことが多く憂鬱になってしまいます。

日中は屋外に出ることもままならないし、最も苦労しそうなのが血液の確保です。

喉が渇くたびに夜の街を徘徊して、美女の首元に繰り返し噛み付くのは、かなり面倒くさいはずです。

しかし、吸血鬼伝説発祥の地とも言われるルーマニアに暮らすアンドレア・バソリー氏は、飲料用血液の確保に苦労することなく、ヴァンパイア生活を満喫中。

 

View this post on Instagram

 

Andreas Bathoryさん(@vampires_romania)がシェアした投稿

なんと、イケメン吸血鬼アンドレア氏の元には「私の血を飲んでください!!!」と、大勢の美女が自発的に集まってくるそうなんです…

 

夢の中で吸血鬼に覚醒

 

View this post on Instagram

 

Andreas Bathoryさん(@vampires_romania)がシェアした投稿

普段は心理学者、デザイナーとしても活動しているアンドレア氏が、最初に吸血鬼としての第一歩を踏み出したきっかけは、4年前に見た不思議な夢だったそうです。

「4年前に私の夢の中へ吸血鬼の戦士が現れたんです。暗闇の中で、彼は私のことを『我が息子』と呼びました。
自分が吸血鬼の子孫だとは考えていませんが、吸血鬼の伝統を新しい世代に伝えるため、私が選ばれたのでしょう。
その夜、私は夢の中の吸血鬼が処刑された場所に導かれ、捧げ物をしたのです。そこで『今からお前の人生は一変する』と吸血鬼に告げられたのです…」

こうして、アンドレア氏は自ら吸血鬼のライフスタイルを取り入れ、吸血鬼文化の布教活動をスタート。

 

View this post on Instagram

 

Andreas Bathoryさん(@vampires_romania)がシェアした投稿

「私は600年以上続く吸血鬼の伝統を守っているんです。しかし、現代の自称吸血鬼たちのグループは、吸血鬼文化と性行為を結びつけて考えている。そんなもの本当の吸血鬼じゃありません」

ネット上で群れる自称吸血鬼達とは一線を画すアンドレア氏は、死者の魂に触れるため棺の中で眠り、ガチの血液を飲んでいるそうです。

 

血液を貢ぐ女性たち

ストイックな吸血鬼に憧れる女性も多く、アンドレア氏の元には、血液の提供を希望する美女が集まってくるとか…

 

View this post on Instagram

 

Andreas Bathoryさん(@vampires_romania)がシェアした投稿

「血液を飲むことの健康リスクは承知しています。そして、私が血液を飲むのは、事前に合意した人だけ。吸血鬼に血を吸われたい人が多く存在することに驚くことでしょう。
皆さん、吸血鬼の存在を理解するために、自ら進んで血液を提供するのです」

美女に囲まれながらの吸血鬼生活なんて、まるでライトノベルのようですが、モテモテ吸血鬼のアンドレア氏に嫉妬して誹謗中傷する人も少なくないそうです。

 

View this post on Instagram

 

Andreas Bathoryさん(@vampires_romania)がシェアした投稿

「ネット上でヘイトを受けることもありますが、彼らは嫉妬しているだけです。しかし、私の力を間近で見れば、誰もが吸血鬼文化を理解できるはずです」

アンドレア氏に生き血を献上したい女性は、ルーマニアへ急げ!!!

Source

都市伝説ニュース速報カテゴリの最新記事