意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

本当にあった怖いニュース

死刑囚だって注射が怖い!囚人4名が新たな死刑方法を求めて裁判開始

投稿日:

誰も知らない死刑の舞台裏 (二見レインボー文庫)

現在のところ、日本で死刑と言えば「絞首刑」一択で、その他の選択肢は認められていない。

一方、アメリカ合衆国は州によって死刑の有り無しや処刑方法が異なり、テネシー州では死刑囚が自分の死刑方法を選択することが出来る。

薬物注射より電気椅子

2018年11月1日には、1984年に2人を殺害した罪で死刑判決を受けていたエドマンド・ザゴルスキー63歳が、テネシー州で処刑された。

ザゴルスキーは「薬物注射よりも痛みが少ない」という理由で、デフォルトの薬物注射ではなく、電気椅子での死刑執行を選択。

刑務官から最後の言葉を聞かれたザゴルスキーは「レッツロック!!!」と、余裕綽々で、この世を去った。

アメリカで電気椅子による死刑執行が行われたのは5年ぶりのこと。

テネシー州では、2007年に息子や娘など4人を殺害した死刑囚ダリル・ホルトンが電気椅子での執行を選択して以来だった。

電気椅子より銃殺

死刑囚だって注射が怖い

Photo|The SUN

エドマンド・ザゴルスキーの電気椅子による死刑が執行された翌日、同じくテネシー州の死刑囚4名が、連邦裁判所に訴えを起こした。

訴状の中で、4名の死刑囚は「薬物注射でも電気椅子でもなく、銃撃による死刑執行」を認めるよう訴えているのだ。

訴えを起こしたのは、強姦殺人事件を犯した罪で1981年に死刑判決がくだされたデビッド・アール・ミラーを筆頭にニコラス・トッド・サットン、スティーブン・マイケル・ウエスト、テリー・リン・キングの4名。

担当する弁護士スティーブン・キッシンジャーによれば「不必要かつ深刻な痛みを与える、合衆国憲法上とても容認できないリスクを大幅に減らすことが出来る、別の死刑方法があるはずだ」と主張している。

つまり「死刑囚と言えども、苦しめないでコロっと死なせてよ」ってこと。

現在、銃殺刑が認められているのは、ミシシッピ州、オクラホマ州、ユタ州だけ。

そして、アメリカで最後に銃殺刑が行われたのは2010年で、1984年に殺人事件を犯したロニー・リー・ガードナーがユタ州で処刑されている。

正味な話、「薬物注射」「電気椅子」「銃殺」の選択肢に、どれほどの違いがあるのか、善良な市民には分かりかねるのだが…

皆さんは、どれ選びます?

こんな死刑に関するニュースも…

[blogcard url="https://bq-news.com/bq180813b"] [blogcard url="https://bq-news.com/bq180706b"]

Source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

本当に怖い都市伝説 2

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 3

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 6

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

本当に怖い恐怖症の世界 7

たぶん… 何のためらいもなくバンジージャンプを飛べてしまう人に「高所恐怖症の恐ろしさ」を共感してもらうのは難しいんじゃな ...

動物動画ニュースまとめ 8

海外のニュースで話題になった最新の動物系動画を更新中!!! ゴージャスなジャンプ オーストラリアのメルボルンに華麗なジャ ...

-本当にあった怖いニュース
-

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.