鼻水かと思ったら脳脊髄液が垂れてた男!!感染症の危険も急上昇する兆候

鼻水かと思ったら脳脊髄液が垂れてた男!!感染症の危険も急上昇する兆候

気温が冷え込んできて、本格的に風邪やインフルエンザを警戒せねばならぬ時期に突入致しました。

この時期は、年齢や性別に関係なく、誰もが鼻水を垂らしがちですが…

鼻水ちゃん

あなたが鼻から垂らしてるの、本当に鼻水ですか?

大丈夫?鼻水って言い切れる自信あります?

実は、鼻から垂れてくるのは、鼻水だけじゃございません…

 

5年間も鼻から脳髄液が垂れてた男

グレッグ・フィルポッツさんは、5年に渡って異常なほどの鼻水に悩まされていました。

鼻から脳髄液垂れてた男
Photo|TheSun

とにかく、四六時中エンドレスで鼻水が、片方の鼻腔から溢れ出すグレッグさんは、当然ながら医者の診察を受けたのですが…

「気管支炎ですね」

医者から処方された薬を飲んでも、症状は改善されず、感謝祭の豪華なディナーに鼻水が垂れてしまい、うんざりするような毎日。

「どこへ出かけても、誰と会話していても、いつ何時でも鼻から垂れてくるんですよ」

確かに、大きな契約のかかったプレゼンをしている時や最愛の人にプロポーズしている時、鼻から粘液をポトポト垂らしていたら、上手く行くはずのものも上手く行きません。

今年2月、鼻水に加えて、咳まで酷くなってしまったグレッグさんは、ニューヨークのアルフレッド・イロレッタ医師の診察をうけることに。

そこで、グレッグさんは衝撃的な診断結果を伝えられたのです。

「鼻水ではありません。脳脊髄液が鼻から垂れています」

 

感染症の危険が急上昇

brain

アルフレッド医師によれば、このような症状は稀に起こりうるそうです。

「脳から体液が漏れると、感染症にかかる危険性が上昇します。鼻から侵入したバクテリアが脳に侵入して、髄膜炎を引き起こすのです」

すぐにグレッグさんは内視鏡による手術を受けて、治療に成功。

のうのう液が垂れることもなく、呼吸も快適さを取り戻したそうです。

「あなたは呼吸が出来ないほど花が詰まった経験ありますか?いきなり呼吸が楽になった時は、とてもホッとしました」

アルフレッド博士によれば、鼻水が鼻の片方からだけ以上に垂れてきて、なおかつ頭痛が伴う場合は、危険なサインとのこと。

Source

奇病関連記事:腐った魚のような体臭が止まらない魚臭症の悩み

奇病関連記事:「クシでとかせない毛髪症候群」の少女の日常

本当にあった怖いニュースカテゴリの最新記事