悲鳴に警官駆けつけたら「コール・オブ・デューティ」で遊んでただけ事件

悲鳴に警官駆けつけたら「コール・オブ・デューティ」で遊んでただけ事件

全く悪気はないのに、ちょっとした勘違いから大事に鳴ってしまうことがあります。

つい先日、アメリカで多数の警察官が出動する緊急事態が発生したのですが、それは、とあるゲームが原因だったのです…

パトカー6台が出動する緊急事態

11月15日の夜

フロリダ州デランドの警察に緊急通報が入った。

「私の隣人が争っている声が聞こえるの。『お願い、殺さないで!!』『何で私のピストルを持ってるの?』って。とても心配です」

すぐに通報のあった自宅の周りを、6台のパトカーと警察官が取り囲んだ!!!!!!

と、ここまでは、とても緊迫した展開なんですが、実は「私を殺さないで!!」の叫び声は、とんでもない勘違いだったことが発覚します。

ゲームしてたら通報された件
Photo|YouTube

実は、通報された家の住人は「コール・オブ・デューティ」と言うゲームをプレイしていただけだったのです。

「コール・オブ・デューティ」とは、戦争をテーマにしたシューティングゲームで、シリーズ作品が世界中でヒットしている人気タイトル。

 

この自宅に暮らしていたジェイミー・マッキーさんと彼氏、妹は、窓全開で「コール・オブ・デューティ」をプレイしながら「殺さないで!!!」と大盛り上がり。

それを近所の人が耳にして、親切心から警察に通報しちゃったのです。

教訓「ゲームで盛り上がると通報されるかも」

事情がわかって苦笑いするしか無い警察官は、念の為、家の中を調べたけど、拳銃などの武器は発見されず。

こちらは、現場へ到着した時に、警察官が身につけていたボディカメラの映像。

皆さんも、大声でガンシューティングゲームをプレイしてると、通報される危険がゼロじゃないんで、気をつけてね!!!!

 

Source

珍事件関連記事:海外で話題の面白ニュース動画まとめ

珍事件関連記事:平昌五輪でノルウェーのシェフが卵を大量誤発注事件

笑える面白ニュースカテゴリの最新記事