「世界一悲しそうなシロクマ」を中国から救い出せ運動が成功

シェアシェアー

世界一悲しそうなシロクマ

「なんて悲しそうな目をしているだ…」

この画像を見れば、誰もが胸を締め付けられるはず。

うつろな目をして、水辺にぐったりと横たわる一頭のシロクマ。

その姿は、思わず駆け寄って毛布をかけてあげたくなるほど、悲しみのオーラが滲み出ている。

2016年初頭、このシロクマの動画がYouTubeにアップされると、世界中の視聴者から同情の声が寄せられた。

実は、このシロクマがいるのは中国の広州にあるショッピングセンター内の水族館。

買い物にやってきた客達が「ついでにシロクマ見てく?」と軽いノリで見学していく、客寄せアニマルだ。

この中国の水族館は公営ではなく、営利目的で運営されているため、動物の飼育やケアが劣悪だと、多くの専門家からも指摘された。

スポンサーリンク

50万人が中国からの救出に署名

世界一悲しそうなシロクマ

動画を公開したのは、アジアでの動物虐待を告発する団体「アニマル・アジア」。

このシロクマを劣悪な環境から救出するために賛同者を募り、なんと、これまでに50万人以上が署名。

そして、この度、イギリスにあるヨークシャー・ワイルド・ライフ・パークが悲しきシロクマの移住先として名乗りを上げた。

広々とした環境で動物飼育のスペシャリストたちが集うヨークシャー・ワイルド・ライフ・パークへの移住は、なんとしても実現させて欲しいところ。

現在は、中国のショッピングセンターと交渉中とのことで、移住が決定すれば、輸送コストの問題なども出てくるために、まだ時間がかかりそうだ。

ソース

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー