新型コロナウイルスの最新ニュース

【最新研究】コロナとインフル同時感染で症状は軽くなる?ウイルス増殖を抑制

現在、南半球のオーストラリアではインフルエンザが大流行中。北半球の国々も、近い内にインフルエンザの大規模感染に直面するとの指摘もされている。

もし、コロナウイルスとインフルエンザに同時感染してしまったら、一体どうなってしまうのか?

両方のウイルスが肺の中で増殖して、体が耐えられないほど症状が悪化してしまうんじゃないか…?

【最新研究】コロナとインフルエンザ同時感染で症状は軽くなる

コロナとインフルエンザ同時感染の最新研究

「コロナとインフルエンザの同時感染」に関する疑問の答えを明らかにしたのは、ニューヨーク大学の研究チーム。

ベンジャミン・テンオーバー教授のチームは、ハムスターによる感染実験を実施。

すると興味深い結果が明らかになった。

なんと、コロナウイルスとインフルエンザに同時感染すると、意外なことに症状は軽くなるそうだ。

ただし、これには条件がある。

「最初にインフルエンザ、次にコロナウイルスの順に感染した場合コロナの症状が軽くなる

【最新研究】コロナとインフルエンザ同時感染で症状は軽くなる

インフルエンザの感染から1週間ほどは、コロナウイルスの増殖を防ぐ抑制効果があり、肺炎の症状を抑えてくれるそうだ。

「2種類のウイルスの同時感染は、人類に迫りくる脅威ではない。同時感染しても、症状が更に悪化することはない」

つまり、インフルエンザとコロナウイルスの感染の波が同時に訪れても、そこまで怯えなくて大丈夫とのこと。

とは言え、ベストなのはコロナにもインフルエンザにも感染しないこと。手洗いうがいの習慣くらいは続けた方が良さそうだ。

こんなコロナに関する仰天ニュースも!?

刑務所からの脱獄囚がコロナが原因で自首
30年前の脱獄囚が出頭「コロナでホームレスになったから刑務所戻りたい」

2021年9月12日の早朝… 一人の初老の男性が、オーストラリアのシドニーにある警察署を訪れた。 男の名前はダルコ・デシ ...

続きを見る

反ワクチン派の格闘家が殺人事件で逮捕
反ワクチン派の格闘家を殺人容疑で逮捕!医師に襲いかかり動物の骨で刺殺

日本も含め、世界中で新型コロナウイルスのワクチンに反対する、アンチワクチン派の人たちが問題となっている。 「コロナウイル ...

続きを見る

洞窟生活20年の男がワクチン接種
洞窟生活20年でコロナウイルス知らなかった男「ワクチン接種しなさい」

洞窟生活20年の男「コロナウイルスってなに…?」 セルビア人のパンタ・ペトロヴィクさん70歳。かつては裏社会での仕事を生 ...

続きを見る

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-新型コロナウイルスの最新ニュース
-

© 2022 海外B級ニュース