元NASA職員開発「ロケット付きゴルフクラブ」は時速240kmスイング実現

ゴルフ人口が減っているらしいですね。

練習すれば自分もプロゴルファーみたいにガツーンとボールを打てると思ってたけど、いつまでもヘタクソなままだったら嫌気が差しちゃいますよね?

でも、元NASAの職員のマーク・ロバーさんが開発したゴルフクラブを握れば、誰でもゴルフをやるのが楽しくなるかもしれません。

だって、マークのクラブはロケットモーター搭載で本当に火を噴くんですもの!!!!!!!

 

ロケット付きゴルフクラブ誕生

元NASA職員開発のロケットゴルフクラブ

Photo|YouTube

スイングの軌道を描くように、白い煙がモクモク…

これこそ、アメリカのサンフランシスコ在住で元NASAの職員マーク・ロバーさんが開発した、ロケットモーターの付いたゴルフ用ドライバーでスイングしているところ。

「平均的なプロゴルファーのスイングスピードは時速110マイル(177キロ)です。ところが、私のクラブはロケットモーターを2個搭載しているので、時速150マイル(242キロ)でスイングすることが出来るのです」

ゴルフが「紳士のスポーツ」だってことの目をつぶれば、練習いらずでプロ以上のスイング出来ちゃうんだから、頼もしいことこの上ありませんよね。

元NASA職員開発のロケットゴルフクラブ

Photo|YouTube

このゴルフクラブは3Dプリンターを使って制作したそうですが、ロケットモーターのスピードで大きな負荷がかかるため、最初の頃の試作品はスイングの途中でバラバラに砕け散ってしまい大失敗。

それでも試行錯誤を重ねて、スイカを粉々にするほどのパワーとスピードを兼ね揃えたクラブが完成。

YouTube動画300万回再生

YouTubeに投稿された動画は、たちまち話題となって300万回再生を突破。

でも、こんなモンスタークラブを普通の人が使ったら身体がぶっ壊れちゃいますよ!!!

関連記事:元レッドブルCEOが究極の「二日酔い対策ドリンク」開発

関連記事:死神博士が3Dプリントできる「安楽死マシーン」開発

Source

カテゴリー

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 BQ NEWS