恐ロシアな殺人ドローン「空飛ぶAK-47」300m地点から実弾乱射

近い将来、再び世界中を巻き込むような戦争が勃発するのか?しないのか?その辺は定かではありません。

ですが、常に臨戦態勢で最新の戦争兵器を次々に開発しているのが、プーチン大統領率いるロシアです。

2018年には、まるでロボットアニメのような2足歩行型兵器も公表され話題に。

ロシアの兵器会社が二足歩行ロボット戦士を開発

関連記事:ロシアの兵器会社が本気でロボット戦士開発

つい先日、ロシアの兵器会社が新作の飛行兵器を発表したんですが、そのビジュアルがエゲツない。

なんとライフルの代名詞AK-47から翼が生えたような殺人ドローンなのであります!!!!

殺人ドローンは空飛ぶAK−47

Photo|thenewsrep.com

 

殺人ドローンは空飛ぶAK-47

ロシアの兵器メーカーAlmaz-Antey社が公開した、戦闘用ドローンは、戦場で離れた場所から対象を狙撃することに特化しています。

一見すると、シンプルな飛行機の形をしているが、なんと機体にはロシアの軍人ミハイル・カラシニコフが設計した自動小銃「AK-47」がスッポリ搭載されているのです。

殺人ドローンは空飛ぶAK−47

Photo|thenewsrep.com

AK-47は性能と耐久性優れている上に構造が単純なので、これまでに1億丁が生産され、世界中の戦場や紛争地域にバラ撒かれた結果「史上最悪の大量殺戮兵器」との呼び声も高いライフル。

その系譜を受け継いだ空飛ぶAK-47は、空中を飛行しつつ、1分間に600発の銃弾を発射することが可能。

もし自分の目の前にブーンなんつって飛んできたら、絶体絶命どころの騒ぎじゃありません!!!

議論を呼ぶ無人兵器

Almaz-Antey社は空飛ぶAK−47の開発をどこまで勧めているのか、詳細な情報はわかりませんし、操縦方法なども謎に包まれています。

それでも、最終的には最大で300m離れた場所まで飛んでいって、ライフルをぶっ放すことを目標にしているとか。

無人兵器を巡っては「民間人を誤射する危険性が高いのでは?」などの指摘もあり、今後、世界中で議論を呼ぶことは間違いないでしょう。

あぁ…恐ロシア…

関連記事:40年間も謎の放送を続けるロシアの幽霊ラジオ局とは?

関連記事:ガチムチすぎるロシアの筋肉美女はフォロワー20万人!!

Source

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-閲覧注意の怖い話まとめ
-

© 2020 海外B級ニュース