本当にあった怖いニュース

毛皮産業の闇…檻の中でブクブクに太らされる1億頭の動物たち

かつては冬のファッションアイテムの定番だった「毛皮」に対する意識が、近年、大きく変化した。

PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)をはじめとする動物愛護団体が、毛皮生産の残酷さを訴え、アルマーニやグッチなどのハイブランドも「今後一切、毛皮を使用しない」と宣言。毛皮反対の機運は、一気に上昇した。

しかし、それでも毛皮産業は衰退したわけじゃない。毎年、約1億頭の動物が毛皮のために殺され、市場規模は数兆円。ファッションアイテムに加工された毛皮は、高額な値段で取引されている…

毛皮産業の闇

毛皮産業の闇…檻の中でブクブクに太るキツネ

ヨーロッパで毛皮生産が最も盛んに行われているのが、北欧のフィンランド。ただ毛皮を剥ぎ取るためだけに動物を飼育している毛皮農場が、フィンランド国内には約750ヶ所も存在しているそうだ。

コチラは、ホッキョクギツネの毛皮農場で撮影された画像。

毛皮産業の闇

狭い檻の中に閉じ込められたホッキョクギツネは、運動を制限された状態で大量の餌を与えられるため、異常なほどブクブクに太っている。野生のホッキョクギツネと比べると、体重は約5倍。

これは全て毛皮の収穫量を増やし、利益を稼ぐためだ。

毛皮産業の闇

足は変形して曲がったまま、皮膚と皮膚の間のヒダは炎症を起こし、感染症で目は真っ赤。檻の中のホッキョクギツネが、尋常で無いストレスを抱えているのは、想像に難くない。

大金払って毛皮のファッションアイテムを買う人がいる限り、このような毛皮農場は無くならない…

こんなファッションに関する仰天ニュースも!?

世界一キモいハイヒール
世界一キモいハイヒールは1足120万円!不快感全開ファッションに賛否両論

本来、ハイヒールは女性の足を美しく、魅力的にみせるものであります。 しかし、カナダ人のデザイナー、ハンナ・ローズ・ダルト ...

続きを見る

孤児院からトップモデルに駆け上がる中国のアルビノ少女
孤児のアルビノ少女が世界のトップモデルへ!ヴォーグも注目する純白の魅力

今から16年前、中国の孤児院の前に一人の女の子の赤ちゃんが捨てられていた。 理由はおそらく、彼女の外見。 その赤ちゃんは ...

続きを見る

ファストファッションの皮肉アート
ファストファッションへの皮肉「一度しか着てない服の山」に宿る個性

アマゾンプライムで公開されている「スローイング・ダウン・ファストファッション」は、イギリスの人気バンドblurのベーシス ...

続きを見る

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-本当にあった怖いニュース
-

© 2022 海外B級ニュース