拳銃撃って人生変わった「銃の女王」が語る悲しい過去と女性が銃を持つ権利

「多くの女性が拳銃を所持して、トレーニングを受けるべきだと思います。人生を豊かにするだけでなく、危険から身を守る助けになるんです。必ずしも、この世は安全ではないし、知識だけが役立つわけじゃありません」

拳銃規制派の人が聞いたら腰を抜かしそうなコメントをしているのは、イスラエル人のオリン・ジュリー27歳。

拳銃の女王

モデルとして活動するほどの美貌を持ち、Instagramに62万人ものフォロワーを抱えるインフルエンサーですが、「拳銃の女王」と呼ばれるほど、熱心な拳銃所持推進派。

彼女が、これほど拳銃所持にこだわるようになったのには、悲しい理由があるそうです…

拳銃の女王と性暴力被害

「男からの暴力に対抗するため、女性はもっと拳銃を所持するべきなんです」

このように主張するオリン・ジュリー自身も、過去に二度、男性からの非道な性暴力の被害を受けた過去があるそうです。

「私も男性からの性暴力の被害者です。最初の被害は8歳の時で、私は全ての自信を失い、全てを恐れるようになりました。物静かで友達もいなかった幼い私は、全く大人を信用しない少女でした」

拳銃の女王

大人の男性から受けた卑劣な暴力に心を閉ざしたオリンは、毎晩、神に祈った。

「私を救ってくれるヒーローが現れるのを、祈っていましたが、願いはかないません。そこで、自分自身が強くなろうと決めたんです」

そんなオリンは18歳の時、初めて拳銃を撃って人生が変わったそうです…

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2022 海外B級ニュース