意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

炎上ニュース

iQOS炎上!インフルエンサー広告の嘘がバレて即謝罪騒動の真相

更新日:

年々、喫煙者への風当たりが強くなっている中、形勢逆転を狙って世界最大のタバコ企業フィリップ・モリス・インターナショナルが市場に投入したのが「iQOS」。

iQOSとはI quit ordinary smoking(いつものタバコはやめました)の頭文字をとったもので、本来火を付けて燃やすものだったタバコを、加熱して蒸気を吸い込む方式に転換。

健康被害が少ないという触れ込みで、日本でも喫煙者の間で急速に広がったのは、皆さんご存知の通り。

しかし、そんなiQOSの行っていたキャンペーン広告が炎上して、中止に追い込まれる事態に…

iQOSキャンペーン中止の真相

iQOS炎上騒動の真相

問題となったのは、ソーシャルメディアで影響力を持つインフルエンサーにiQOSを紹介させる広告キャンペーン。

皆さんもInstagramやTwitterで「この人は金を貰って商品を紹介してるんだろうな…」と感じる、胡散臭い投稿を見たことがあるはず。

フィリップ・モリス・インターナショナルでは20〜25,000ドルの報酬を渡して、世界中のインフルエンサーにiQOSをPRさせていました。

このインフルエンサーを起用した広告に関して、フィリップ・モリス・インターナショナルのマーケティング基準では「25歳以下のモデルを使ってタバコ製品を宣伝することを禁止する」と定めています。

iQOS炎上騒動の真相

Photo|Instagram

しかし、21歳のロシア人インフルエンサーAlina Tapilinaさんを起用して「ついに新しいiQOS3を手に入れたの。有害物質は普通の食べ子より90%少ないのよ。あなたはまだiQOSじゃないの?」と、iQOSをPRしていたことが発覚し問題となったのです。

ロシアの法律的には、21歳が喫煙することに問題はないのですが、フィリップ・モリス・インターナショナルは同社の定めるガイドラインに違反したことを重く受け止め、インフルエンサー広告を全て中止すると発表。

肩身の狭いタバコ会社

タバコ会社としては老い先短い老人よりも、若い喫煙者を囲い込んで、タバコを吸い続けてもらいたいと考えるのは当然かも知れません。

ですが、各国で嫌煙団体が次々に誕生してタバコ会社のPRを監視している今、何かと肩身の狭いフィリップ・モリス・インターナショナルは速攻で土下座して騒動を沈静化させようと考えたのでしょう。

インフルエンサー業で食ってる人は、金積まれてもタバコ産業に関わんない方が身のためかもね。

こんな炎上ニュースも!?

関連記事:中国でキッズモデル虐待疑惑動画が拡散して毒親炎上…

関連記事:バーガーキング炎上!巨大箸でハンバーガーはアジア人差別!?

Source

みんな読んでる人気の記事

Amazonアプリでポイントゲットキャンペーン 1

コンビニでちょっとした買い物をする以外は、ほとんど全てAmazon頼みなんて人も珍しくありません。 欲しいものは何でも揃 ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

閲覧注意海外未解決事件 3

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

海外で話題の最新B級ガジェット 4

海外で販売されているオモシロ最新ガジェットをズンズン紹介してます!!! もはやガジェットではない商品も含まれていますが、 ...

不気味な失踪事件 5

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

本当に怖い都市伝説 6

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエピソ ...

-炎上ニュース
-

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.