カート・コバーン生存説!?ペルーの音楽番組出演でNIRVANAファン騒然

1991年にメジャーデビューしたバンドNIRVANAは、アルバム「NEVAR MIND」でロックシーンに衝撃を与えた。

アルバムはこれまでに4000万枚以上のセールスを記録して世界中でグランジブームを巻き起こしたが、中心メンバーのカート・コバーンは思いがけぬ成功の重圧に押しつぶされ、27歳という若さで、自らこの世を去ってしまった。

ローリング・ストーン誌が選ぶ「史上最も偉大な100人のシンガー」では45位にランクイン。ガス・ヴァン・サント監督で映画が公開されるなど、今でも多くのロックファンから愛されている。

カート・コバーンは生きていた!?

そんなカート・コバーンに、突如として生存説が持ち上がった。

きっかけとなったのは一本のYouTube動画。

そこには、まさに生前のカート・コバーンと瓜二つな男性が名曲「Lithium」を歌っていたのだ。

この動画はロックファンの間でじわじわと拡散。

「おいおいカート・コバーンは生きてたのかよ!?」

と、一部で真に受けた人もいたが、実は、この動画はペルーで放送されたタレントの一芸披露番組の一コマ。

歌っているのはペルー人歌手のラミロ・サアベドラさんとのこと。

ラミロさんは、このカート・コバーンのモノマネ芸で大人気となり、ペルーの番組に次々出演している模様。

こんな音楽に関する仰天ニュースも!?

90年代洋楽トリビア
【雑学】90年代の洋楽豆知識!あのヒット曲の知られざる裏側まとめ

世界中でCDが売れまくってた90年代には数々の名曲が誕生した。 その中には、熱心なリスナーでも知らない裏話や後日談があっ ...

続きを見る

双極性障害のセレブ10人
精神疾患「双極性障害」に苦しむ有名人、セレブ、ミュージシャンまとめ

世界の歌姫マライア・キャリーが「双極性障害」を告白して大きな話題となりました。 「私は世間に失望されるのが怖かったの。鬱 ...

続きを見る

© 2021 BQ NEWS