カート・コバーンはペルーで生きていた!?音楽ファン騒然の真相とは

シェアシェアー

1991年にメジャーデビューしたバンドNIRVANAは、アルバム「NEVAR MIND」でロックシーンに衝撃を与えた。

アルバムはこれまでに4000万枚以上のセールスを記録し、グランジブームを巻き起こしたが、中心メンバーのカート・コバーンは思いがけぬ成功の重圧に押しつぶされ、27歳という若さで、自らこの世を去ってしまった。

ローリング・ストーン誌が選ぶ「史上最も偉大な100人のシンガー」では45位にランクイン。ガス・ヴァン・サント監督で映画が公開されるなど、今でも多くのロックファンから愛されている。

スポンサーリンク

カート・コバーンは生きていた!?

そんなカート・コバーンに、突如として生存説が持ち上がった。

きっかけとなったのは一本のYouTube動画。

そこには、まさに生前のカート・コバーンと瓜二つな男性が名曲「Lithium」を歌っていたのだ。

この動画はロックファンの間でじわじわと拡散。

「おいおいカート・コバーンは生きてたのかよ!?」

と、一部で真に受けた人もいたが、実は、この動画はペルーで放送されたタレントの一芸披露番組の一コマ。

歌っているのはペルー人歌手のラミロ・サアベドラさんとのこと。

ラミロさんは、このカート・コバーンのモノマネ芸で大人気となり、ペルーの番組に次々出演している模様。

ソース

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー