反ワクチン派の格闘家を殺人容疑で逮捕!医師に襲いかかり動物の骨で刺殺

日本も含め、世界中で新型コロナウイルスのワクチンに反対する、アンチワクチン派の人たちが問題となっている。

「コロナウイルスなんて存在しない」「ワクチンは殺人兵器」

そんな陰謀論を本気で信じて、ときには事件まで引き起こしてしまう…

先日も、コロナワクチンを巡る言い争いが原因となり、グアムで殺人事件が発生してしまった。

反ワクチン派の格闘家が医師を殺害!?

グアムで発生した殺人事件の加害者は、ウズベキスタン出身の総合格闘家アクマル・コジエフ27歳。そして被害者となったのは、グアムで放射線治療を専門に行なっていた44歳のミラン・リバティ医師。

反ワクチン派の格闘家が殺人事件で逮捕

事件の発生直前まで、二人は一緒に食事をしていたけれど、そこで新型コロナワクチンを巡り言い争いとなった。

もともとコジエフは、ソーシャルメディアに「ワクチンには効果がない!!」「マスクなんて付けるな!!」などと投稿する熱心な反ワクチン主義者。

反ワクチン派の格闘家が殺人事件で逮捕

その主張をリバティ医師に否定されたことでコジエフは激昂。

「もう、お前のことは信用しない!!!」

そう吐き捨てると、それまで食べていた肉料理の骨握りしめて襲いかかり、首を絞めた後に、尖った骨をリバティ医師に突き刺してしまった…

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 海外B級ニュース